WordPress の投稿内で PHP を実行する Exec-PHP

シェアする

このブログの ENV Check みたいな事をするには投稿内に PHP を書くのが手っ取り早いのでそれができるプラグインである Exec-PHP を使ってます。

Sponsored Links

インストール

プラグインの新規追加画面から exec-php で検索したらすぐ出てきますね。いますぐインストールを押してプラグインを有効化するだけです。

使い方

有効化されたなら投稿や固定ページ内に php を書くだけです。例えば上記 ENV Check であれば以下のようなコードが書いてあります。

<table>
<tr><th>Key</th><th>Value</th></tr>
<tr>
<th>IP Address</th>
<td><?php echo getenv('REMOTE_ADDR') ?></td>
</tr>

リモートアドレスを表示するだけですが。

Exec-PHP の注意点

PHP で何でも実行できてしまうので、使い方を間違えると危険です。僕の場合、自分以外が触る予定のある Web サイトでは使わないようにしてます。

それでも php を投稿に含めたい場合はショートコード API を使うのが良さ気です。

ショートコード API - WordPress Codex 日本語版

これなら php を直接書くわけではないので安全度は高まりますね。

Sponsored Link

シェアする

フォローする