Vimdiff が良い感じ。

シェアする

vimdiff

最近 diff 見る時は vimdiff を使用するようにしています。便利ですねこれ。

Sponsored Links

使い方

vimを起動していなければ

$ vimdiff file1 file2 (file3,file4...)

もし vim を開いた状態からなら

:vertical diffsplit file

とすると同じ事が起こる。vertical がなければ上下分割になるけど僕は左右分割のほうが良いのでこうしている。

毎回 :vertical と入力するのが面倒なら diffopt を .vimrc にいれておくと良いです。以下のように設定すると毎回左右分割で開きます。

set diffopt=vertical

diffopt では他にも大文字小文字を無視するか、ホワイトスペースを無視するかなどの設定が可能です。詳しくは :help options の diffopt 参照

vimdiff で使用できるコマンド

[ c 次の違いがある場所にジャンプ
] c 前の違いがある場所にジャンプ
do 今開いてるバッファに他のバッファの差分を取り込む :diffget と同じ
dp もう一つのバッファに今開いてるバッファの差分を入れる。:diffput と同じ

:diffget と :diffput はオプション指定でもっと細かく挙動を制御できる。

詳しい事は :help vimdiff を見たほうが良いです。

Sponsored Link

シェアする

フォローする