アユタヤでゲイのおっさんがやる宿に泊まった話

シェアする

タイトルは本当だけど面白い話はなにもないよ!


View Larger Map

バンコクから電車で一時間ちょっとにあるアユタヤにきた。遺跡だかなんだか多い街です。

ロンリープラネットを見ながら宿を探してたらそこに載ってた店の人と思われるおっさんから話しかけられたのでそこにした。

15時ぐらいについて今からぶらぶらするには中途半端な時間だなーって思ってたらおっさんから夕方からやるツアーがあるから行かないかといわれたので行く事にした。運河をぐるりと一周するツアーらしい。

乗り込む。

でかいごついかっこいい!

ところどころで降りる->自由行動 の繰り返し。

犬は基本的にやる気ない。

これまたでかい。

改修中?

どっかで見た光景。

壊されすぎ。ビルマに攻められた結果である。

その晩他の日本人とゲイのオーナーと一緒に飲んでた。ゲイビデオ見せられた気がするが気のせいだ。

次の日はオーナーから「webサイトの更新の仕方教えてくれ!!」と言われたので教える事に。知人に作ってもらったはよいが更新方法がわからなくて困ってたらしい。とりあえず簡単なHTMLを教えてコピペしろ!って言ってどうにかした。タダ飯ゲット。

というわけでさらのその次の日に旧市街を自転車をレンタルしてぶらぶらする事にした。

このへんは遺跡ばっか。

アユタヤといえばコレ。樹に埋まった顔。

写真を撮る時は自分の頭を上に持ってきてはいけないきまり。監視する人もいる。

やっぱり壊されてる仏像。

タイ人象好きですよね。

お金払えば乗れます。乗らなかったけど。

音声案内の番号ですが予めipodとか用意しないといけないのでだるくてやってない。

売り子がきてコレかってゴニョゴニョ(忘れた)しませんかって言われたけど仏教徒じゃねぇしっていって帰った。

アユタヤはこんなところで。

またオーナーと酒飲んで次の日夜行バスでチェンマイ行った。

Sponsored Link

シェアする

フォローする