Ubuntu 11.10 で Androidアプリの開発環境を整える。

シェアする

Android app development on Ubuntu

Upgrade 通知を放置し続けて2週間、ついに Thinkpad に入れてる Ubuntu を 11.10 に Upgrade しますた。

そして昨日の飲み会で同僚から「Androidアプリ や ら な い か」と声をかけてもらったので、参加するかは別としてとりあえず環境の構築だけはしときました。Windows は4月ぐらいにやったけど今回は Ubuntu で。基本的には同じ。

Sponsored Links

必要な物

Java Development Kit JDK
Eclipse
Android SDK
Android Development Tool(ADT)

JDKのインストール

$ sudo apt-get install sun-java6-jdk
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
sun-java6-jdk is already the newest version
sun-java6-jdk set to manually installed.
0 upgraded, 0 newly installed, 0 to remove and 0 not upgraded.

既に入っていた\(^o^)/

そういえばminecraftやるときにインストールしたんだっけか。

Eclipse のインストール

$ sudo apt-get install eclipse

これでOK

Android SDK のインストール

http://developer.android.com/sdk/
にアクセスし、Linux 版の SDK をダウンロードしインストールする。
現時点では android-sdk_r15-linux.tgz という名前。

$ wget http://dl.google.com/android/android-sdk_r15-linux.tgz
$ tar zxvf android-sdk_r15-linux.tgz

# ホームディレクトリにあるのは気持ち悪いので/optに移動。
$ sudo mv android-sdk-linux /opt/.

パス通す。

$ cat "export PATH=${PATH}:/opt/android-sdk-linux/tools" >> .bashrc
$ source .bashrc
$ echo $PATH
(省略):/opt/android-sdk-linux/tools

Android SDK Platform-tools のインストール

Android SDK Manager を起動
$ /opt/android-sdk-linux/tools/android
Tools, Android4.0, 3.2, 3.1, 3.0, 2.3.3, 2.2, 2.1 などにチェックをいれて Install を押す。
あとはガイド通りに。

ADT のインストール

インストールの前に、そのための設定を行う。
Preferences -> Install/Update -> Available Software Sites
へ以下の2つのURLを追加する。
https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/
http://download.eclipse.org/releases/indigo/

その後 Help -> Install New Software で https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/ を選択し、しばらくすると出てくる Development tools をチェックし Next を押す。フロー通りにいけばすんなり終わる。

Eclipse 再起動後、適当に進めていけば Welcome to Android Development と表示されるので Use existing SDKs を選択し、 Existing Location へ先ほどの /opt/android-sdk-linux を選び Finish を押す。

Install new SDK という項目からすると、先にSDKをインストールしなくてもADTをEclipseへインストールした時点でSDKのインストールも簡単に終わるのではないかと思ったが詳しくは知らない。

Hello World

File -> New -> Android Project にある sample から適当に持ってきて Run する。
初期状態では仮想Androidデバイスが無いので Window -> AVD Manager で適当に作成する。

これで動くはず。

実機で動かす。

実機で動かす際の設定等は別のエントリにしました。

Sponsored Link

シェアする

フォローする