Paint.NET で PSD ファイルを読み込めるようにする

シェアする

軽量且つシンプルで使いやすい Windows 向けの画像編集ソフト Paint.NET だが通常ではフォトショップ用のファイルである PSD を読み込む事ができない。

ソフトが違うから当たり前ではあるが他人と連携したり Web 上のフリー素材を利用するなど、画像編集するなら PSD ファイルを読み込めたほうが何かと便利だ。

Paint.NET ではプラグインを利用すると PSD ファイルを読み込む事ができるようになる。

PSD Plugin for Paint.NET のインストール

PSD を読み込むプラグインは以下の Web サイトよりダウンロードできる。

Paint.NET PSD Plugin | Paint.NET PSD Plugin

このページにある「Download PSD Plugin」のリンクより zip ファイルをダウンロードし、解凍しよう。

解凍すると中に「PhotoShop.dll」というファイルがある。これを Paint.NET をインストールしたフォルダ(標準ではC:\Program Files\paint.net) にある FileTypes フォルダに移動する。

この状態で Paint.NET を起動、もしくは再起動するとプラグインが読み込まれ、PSD ファイルを読み込めるようになる。

Paint.NET で PSD ファイルを開く方法

プラグインが正常に読み込まれていれば Paint.NET の「開く」ダイアログの「種類」欄に「Photoshop」の項目が表示される。

この状態であれば PSD ファイルを読み込めるはずだ。

何種類かファイルを読み込んでみたが、ファイルによっては「メモリ不足のためイメージを読み込めません」と表示され正常に読み込めない事があった。メモリを空けた状態でも表示されるので、全ての PSD ファイルを読み込めるというわけでは無さそうだ。

PSD Plugin の Web サイトを読むと、Incompatibilities(非互換)の項目のところに「Insufficient memory due to too many layers」とある。レイヤー数が多いと Paint.NET で扱えないようだ。

Compatibility With Photoshop | Paint.NET PSD Plugin

他にも非互換の欄には「Color profile mismatches」や「Vector masks and other non-raster features」といった項目が並んでいる。

このように完全な互換性があるというわけでは無い点には注意が必要だ。このあたりを把握して利用できれば便利なプラグインだろう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする