開発したアプリなど一覧

macOS で間違えて閉じたアプリを開き直す AppBeBack: CMD+Z for Apps

macOS では command+q のショートカットキーによりアプリケーションを終了させることができる。が、このショートカットキーは command+a や command+w のような利用頻度の高いキーの隣にあり間違えて押してしまう事もある。

間違えてアプリを終了させた場合に再度アプリを起動させるのは面倒臭い。それをショートカットキーで実現するのが AppBeBack: CMD+Z for Apps というアプリだ。

このアプリを利用すると、指定したショートカットキー(標準では command+shift+w)を押す事で一つ前に閉じたアプリを再度起動する事ができる。

CMD+Z とアプリ名にあるがショートカットキーは別なので注意が必要だ。もちろんこのショートカットキーは設定により変更可能だ。

macOS を使っていて間違えてアプリを閉じてしまう事が良くある、アプリの再起動を頻繁に行う、といった場合にあると便利だと思う。

Sponsored Link

コメント