Linux Shell のショートカットキーをまとめてみた

シェアする

Linux に SSH で入っていろいろ操作する機会は多いので、Shell で使えるショートカットキーをまとめてみた。

ショートカットキーは Shell によって挙動が違うようですが今回は bash を使います。zsh も大体同じかな?他は知らないですけど、bash なら大体どの Linux にも入ってますし、デフォルトになっている事が多いですね。

補完

コマンド名などを正確に覚えてなくても補完機能により目的のコマンドを実行したり、ファイルを対象とする事ができます。

Tabコマンド、ファイル名の補完

履歴

以前利用したコマンドを再度実行したいときは履歴を辿ると便利です。検索もできます。

ctrl-p1つ前のコマンド履歴を見る
ctrl-n1つ先のコマンド履歴を見る
ctrl-rコマンド履歴の検索

移動

これらショートカットキーを覚えるとホームポジションから手を動かさずにカーソル移動が可能になります。地味に便利です。

ctrl-f1個右へカーソルを移動
ctrl-b1個左へカーソルを移動
alt-f単語単位で右へカーソルを移動
alt-b単語単位で右へカーソルを移動
ctrl-a行頭へカーソルを移動
ctrl-e行末へカーソルを移動

編集

把握しておけばキーの操作量が減って効率よく文字列を編集できるようになります。

ctrl-t1つ前と現在の文字を入れ替える
ctrl-hカーソルの左側の文字を削除
ctrl-dカーソルの文字を削除
ctrl-wカーソルより左側を単語単位で削除
alt-dカーソルより右側を単語単位で削除
ctrl-uカーソルより左側全部を削除
ctrl-kカーソルより右側全部を削除
ctrl-y貼付け 上記ctrl-w,ctrl-kなどで削除した文字列をペーストできる

他いろいろ

他覚えておくと便利なショートカットキーです。

ctrl-l画面のクリア
ctrl-c実行中のプログラムを強制終了
ctrl-d終了
ctrl-s画面の更新を止める
ctrl-q画面の更新を再開
ctrl-mENTERと同じ
ctrl-jENTERと同じ
ctrl-oENTERと同じ

※altキー同時押しのショートカットキーはターミナルの設定を変更しないと使えないかもしれません。

putty の場合は

Terminal->Keyboard->Enable extra keyboard features

にある

AltGr acts as Compose key
Right-Alt acts as it is

にそれぞれチェックをいれる必要がありました。

ショートカットキーは覚えなくても大体は操作できるもんですけど覚えると便利ですね。

全部覚える必要は無いと思いますが、

  • TAB
  • ctrl-d
  • ctrl-c
  • ctrl-q

あたりは覚えておくと何かあったときにあわてなくて良いです。とくに Linux のコマンドに鳴れてない人は ctrl-s を間違えて押した時に画面が一切動かなくて慌てる事があります。

ちなみにこのショートカットキーは EMACS のキーバイントと大体同じらしいです。EMACS使わないので良く知らないですけど...。

Sponsored Link

シェアする

フォローする

コメント