開発したアプリなど一覧

超強力なノイズ除去ができる NVIDIA BROADCAST の紹介と使い方解説

最近はリモートワークも増えており、Teams や Zoom, Discord などを利用し家でビデオ・音声通話する人も多いと思う。しかし、ビデオ・音声通話をする際にはマイクにキーボード等の余計なノイズが入ったり、見られたくない部屋内の風景がカメラに映ってしまったりと気を付けなければいけない点も多い。

ノイズや背景などのビデオ通話・音声通話する際に問題となる点を解決してくれるのが NVIDIA BROADCAST というソフトウェアだ。

NVIDIA BroadcastApp - AIで音声とビデオを強化 | NVIDIA

謎のAI半導体メーカーこと NVIDIA がリリースしたこのソフトは GPU と AI 技術を活用したもので、ソフトウェアのみで強力なノイズキャンセリング機能やビデオ背景除去などを利用することができる。

NVIDIAは“謎のAI半導体メーカー” 日経の記事に「どうしてこんなタイトルになった」の声多数 - ねとらぼ

NVIDIA BROADCAST で出来る事

NVIDIA BROADCAST には以下の機能が搭載されている。

  • マイク・スピーカーのノイズ除去
  • マイク・スピーカーのルームエコー除去
  • カメラの背景をぼかす・変更・削除
  • カメラの背景のノイズ除去
  • カメラのオートフレーミング(被写体を追いかける機能)

これ一つあれば Web 会議や配信、音声通話で発生しうる問題点をほぼ解決できるだろう。

特にノイズ除去機能の強力さは有名で、有効にすればキーボードのタイピング音やエアコン・扇風機などの騒音もほぼカットできる。で聞く側のストレスを大幅に軽減できると思う。

また、相手側が発生するノイズも除去できるので、タイプ音などがひどくて不快だけど注意しずらい・・・というような場合でもこちらがわで対処できる。

NVIDIA BROADCAST の利用条件

NVIDIA BROADCAST を利用するには Nvidia 製 GPU である GeForce RTX シリーズ, Quadro RTX シリーズ, TITAN RTX を搭載している必要がある。

一応 Web 上を検索してみると GTX シリーズでも動作したという報告はあるが、公式のシステム要件では RTX シリーズを求められるので注意しよう。

残念ながら自分の PC は RTX 3060 搭載なので試すことができない。

CPU は Intel Core i5 8600、AMD Ryzen r5 2600 以降を推奨、メモリは 8GB 以上推奨とのことだ。

NVIDIA BROADCAST の使い方

上記 NVIDIA BROADCAST のページよりファイルをダウンロードしてインストールしよう。

インストールは難しい事はない。案内に沿って「次へ」などをクリックしていれば問題なく終わるはずだ。

インストール終わったら起動しよう。

ウインドウ上部に「マイク」「スピーカー」「カメラ」の三つのタブが用意されている。

NVIDIA BROADCAST でマイクのノイズ除去・ルームエコーを利用する方法

マイク欄ではマイクのノイズ除去及びルームエコーの除去を利用できる。

「マイクソース」から利用しているマイクを選択しよう。自分はマランツプロというメーカーの MPM-4000U を利用している。

次に「エフェクト」欄に「ノイズ除去」という項目があるので、スイッチを入れて有効化しよう。これでノイズ除去機能を利用できる。その状態で画面右側の〇いアイコンのボタンを押すると実際にどの程度ノイズを除去してくれるかテストできるので試してみよう。

強度欄にあるスライダーを動かすことでノイズ除去の強さを変更できる。右にするとノイズ除去がより強くなる。丁度良い具合に調節してみよう。

「エフェクトを追加」からはルームエコーのエフェクトを追加できる。こちらも設定方法はノイズ除去と同じだ。

NVIDIA BROADCAST でスピーカーのノイズ除去・ルームエコーを利用する方法

「スピーカー」タブからはスピーカーから出力される音声に対してノイズ除去などを適用できる。

設定方法は上記「マイク」欄と同様なので省略しよう。

NVIDIA BROADCAST でカメラの背景を変更・ノイズ除去する方法

「カメラ」についても基本的な設定方法はマイクと同様だ。

「カメラソース」欄より利用する Web カメラを指定して「エフェクト」欄から利用したいエフェクトを選択して有効化しよう。

ここでは四種類の背景エフェクト「背景ぼかし」「背景交換」「背景の削除」「ビデオノイズ除去」と、オートフレーミングを利用できる。それぞれ以下のような機能となっている。

  • 背景ぼかし: 人以外に映っているものをぼかしてくれる
  • 背景交換: 自分の指定した画像を背景として利用できる
  • 背景の削除: 背景を黒一色にしてくれる
  • ビデオノイズ除去: ビデオのノイズを除去してくれる
  • オートフレーミング: カメラが被写体を追いかけるようになる

オートフレーミングに関しては有効にするとカメラで撮影する範囲が狭まるが、顔を認識して常に顔が映るように動いてくれる。広角カメラやカメラの位置が遠い場合には有効にしておくと常に顔をアップで表示してくれる。

背景変更もノイズ除去同様に強度を選択できる他、「パフォーマンス」と「クオリティ」からどちらを優先するかを指定できる。

ビデオ・音声通話ソフトで NVIDIA BROADCAST を利用する方法

NVIDIA BROADCAST は仮想的なオーディオデバイス及び・Webカメラデバイスとして PC に認識される。そのため、利用したい通話アプリで入力欄に NVIDIA BROADCAST を選択する必要がある。

ここでは代表的なソフトウェアで NVIDIA BROADCAST を利用する方法を紹介しよう。ここで紹介したソフトウェア以外でも、基本的には同じように設定できるはずだ。

OBS で NVIDIA BROADCAST を利用する方法

OBS Studio で NVIDIA BROADCAST を利用するには、マイク及び Web カメラの設定を変更しよう。

画面下部にある「マイク」欄の歯車マークより「プロパティ」を表示し、「デバイス」を「NVIDIA Broadcast」に変更、「保存」を押そう。

これでマイク入力が NVIDIA BROADCAST 経由になった。

Web カメラは入力ソースの「映像キャプチャデバイス」からプロパティを開き、「NVIDIA Broadcast」を選択して「OK」を押そう。

これで NVIDIA Broadcast の背景変更機能が有効になった。

Discord で NVIDIA BROADCAST を利用する方法

Discord で NVIDIA BROADCAST を利用するには「設定」から「音声・ビデオ」欄を開こう。

音声設定欄に「入力デバイス」という項目があるので「NVIDIA Broadcast」を選択しよう。

NVIDIA BROADCAST でノイズ除去を有効にするのであれば、Discord に内臓されている ノイズ除去(Krisp) は無効にしたほうが良い。

カメラも同様に「NVIDIA Broadcast」を選択すれば NVIDIA BROADCAST のカメラ映像を出力できる。こちらも Discord の背景変更機能は無効にしておこう。

Windows 全体の音声を NVIDIA BROADCAST 経由にする方法

一部の Windows アプリではアプリ内の設定で音声デバイスを選択できない。その場合には Windows の設定を変更する必要がある。

Windows 11 であれば「設定」アプリから「システム」->「サウンド」を開こう。

「入力」欄に「NVIDIA Broadcast」という項目があるので、クリックして選択しよう。この状態であれば Windows 全体で入力音声が NVIDIA BROADCAST 経由になる。

NVIDIA BROADCAST まとめ

システム要件はあるものの、ビデオ通話・音声通話に必要な機能が一通り揃っているとても便利なアプリだ。GeForce RTX 以上搭載の PC を利用していて PC で通話する機会が多いのであれば入れておけば快適になると思う。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました