開発したアプリなど一覧

PC 版 Discord で複数アカウント利用する方法

ゲーマー向けのボイスチャットアプリとして人気の高い Discord だが、個人的に惜しいと感じる点の一つが、複数アカウントに対応していないところだ。まぁチャットアプリで複数アカウントに対応しているものもそう多くはないのでしょうがない部分ではあるのだが、Discord はプライベートで利用するケースも多く、相手によってアカウントを使い分けたいという需要は確実にある。

Discord 公式に複数アカウントを利用する機能が用意されていないのだが、別の方法で複数のアカウントを同時に利用できる。

このページでは Discord で複数アカウントを利用する方法をいくつか紹介しよう。

Discord のアプリ版とブラウザ版を併用する

最も簡単な方法がアプリ版とブラウザ版を併用する事だ。Discord は Google Chrome などの Web ブラウザでも機能的には殆ど変わらず、同じように利用できる。

Web ブラウザ版 Discord を利用するには、Chrome などのブラウザから https://discord.com/app へアクセスするだけだ。ログインすれば PC 版と同じ画面が現れると思う。

とはいえ、通常であればメインで利用している Web ブラウザでは Discord もメインのアカウントでログイン済みではないかと思う。

Web ブラウザを利用して Discord の複数アカウントを併用する方法にもいくつか種類があるのでそれぞれ解説しよう。

プライベートモードを利用して Discord にログインする

一時的な利用であれば、Web ブラウザのプライベートモードを利用しよう。Google Chrome であれば Ctrl-Shift-N を押すとプライベートモードのウインドウを開くことができる。ここで Discord にアクセスすれば未ログイン状態となるので、他のアカウントでログイン可能だ。

別のブラウザを利用して Discord を複数ユーザーで利用する

複数のアカウントを日常的に利用しているのであればブラウザ毎に別のアカウントでログインするという手法もある。例えば普段 Google Chrome を利用しているのであれば、Microsoft Edge をサブアカウント用にするなどが考えられる。

例えば、このように PC 版 Discord を開きつつ、Firefox で Web 版 Discord を別のアカウントで開くことができる。

Chrome の複数ユーザー機能を利用する

普段利用しているブラウザが良いというのであれば、Web ブラウザが内蔵している複数ユーザー機能を利用しよう。例えば Google Chrome であれば画面右上のユーザーアイコンよりユーザーを追加することができる。

ユーザーを追加すれば Chrome 起動時にどのユーザーで利用するのかを選択することができる。

ユーザー毎に Web ブラウザのデータは分かれているので、Discord でサブアカウントを運用する事も可能だ。

Discord の通常版と PTB, canary 版を併用する

Discord には普段多くの人が利用している安定版と、新機能などを試すことができる PTB(Public Test Build), 更に新機能が追加されているが不安定な Canary 版の三種類のビルドが存在している。この三つはアカウント情報を共有しないため、別々のアカウントで運用する事もできる。

PTB 版は以下の Discord のダウンロードページ一番下にある「Feeling experimental?」の欄、「Download Public Test Build」からダウンロードできる。

Download Discord to Talk, Chat, and Hang Out

Canary 版は以下の URL よりダウンロードできる。なぜかググるとダウンロードページではなくダウンロード用のURLが検索結果にひっかかる。

Discord Canary

例えば通常の安定版と PTB を同時に実行すると以下のような感じ。

どちらも同じ見た目だが、アカウントが違うのがわかると思う。

まとめ

このように PC ではブラウザ版 Discord やテスト版のクライアントを利用すれば複数アカウントを同時に利用する事ができる。覚えておくと役に立つと思う。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました