開発したアプリなど一覧

お手軽に VTuber になれるアプリ 3tene(ミテネ)

アフィリエイトリンクを含む場合があります

バーチャル YouTuber(VTuber) を自分でもやってみたいと思ったことはないだろうか。3D や 2D のキャラクターをアバターとして利用した YouTuber は新たな動画配信の形として近年非常に人気となっている。しかし、3D モデルを動かすとなると技術的に難しそうで敷居が高く見えてしまうだろう。

VTuber をより簡単に試してみたい、というのであれば 3tene(ミテネ)というソフトウェアを利用してみよう。

3teneFREE | 3tene

このアプリを利用すると VRM 形式および Live2D(こちらは有料) のモデルを読み込み、Web カメラや LeapMotion を利用して動かすことができる。

3tene free, 3tene PRO, 3tene STUDIO の3バージョンあるが、個人用途であれば無料で利用可能だ。法人での利用を考えている場合でもまずは無料版で試すことができる。

3tene の簡単な使い方

早速試してみよう。上記公式 Web サイトより 3tene の無料バージョンをダウンロードしインストール・もしくは Steam の 3tene のページからインストールを行おう。自分は Steam よりダウンロードしてみた。

Steam:3tene

無料版では 3D モデルの形式として VRM のみに対応しているため、VRM を作成するかダウンロードするかしてこよう。自分は以下の無料 VRM を利用させてもらった。ありがとうございます。

(無料版有)アバター向け VRoidモデル 「モブ子ちゃん1」 - phantom-supplies - BOOTH

VRM の準備ができたら 3tene を起動し、VRM を読み込もう。

この画面のようにウインドウ左側にある人のアイコンをクリックして VRM ファイルを指定しよう。VRM ファイルを選択するとライセンス情報の画面が表示されるので、内容が大丈夫であれば「同意する」を押そう。

そうするとこのように 3D モデルが画面上に現れるはずだ。

この画面では右クリックを押しながらドラッグでカメラ位置の指定や、ホイールの回転で拡大縮小を行うことができる。ゲームプレイなどでバストアップのみ表示したい場合には拡大し、全身を映すなら縮小などして位置を調節できる。

3D モデルを動かすには Web カメラや LeapMotion など外部デバイスが必要となる。とりあえず自分は Web カメラを使い、フェイストラッキングを行ってみた。画面右上にあるフェイストラッキングのボタンを押すと有効になる。

フェイストラッキングの下にある口アイコンを押すとリップシンクが有効になる。リップシンクの方式は音声認識と顔認識の二通りあるようだ。

VR機器やトラッキング用のデバイスが無くても、いくつかのポーズやモーションを利用する事ができる。表情も指定可能だ。

実際に Vtuber として配信などを行う際には他の画面との合成を行うと思うが、その際には背景を変更しておけばクロマキー合成も簡単に行える。

このように背景設定より黄緑色などを指定しておけば OBS などで取り込む際に綺麗に透明化できるはずだ。

一通り触ってみたが、技術に疎くても簡単に VTuber になることができる。実際に友人にも触ってもらったが、かなり簡単に配信まで行えたようだ。

これから VTuber をやってみたい方や VTuber がどのようなものなのかを体験してみたい方は試してみると良いかもしれない。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました