開発したアプリなど一覧

Windows 10 でディスクのクリーンアップを行い空き容量を増やす方法

コンピュータを長く利用しているとアプリやゲームのインストールに画像や動画のダウンロードなどといった様々な理由によりストレージを消費し、空き容量が足りなくなってくることがある。

Windows 10 には「ディスクのクリーンアップ」という機能があり、不要なファイルを削除して空き領域を増やすことができる。ストレージの空き容量が少ないのであれば試してみよう。

ディスクのクリーンアップを利用して空き領域を増やす方法

エクスプローラーを起動してマイコンピューターを開き、空き領域を増やしたいディスクを選択する。そうするとエクスプローラーのメニューに「管理 ドライブツール」という項目が現れるので、「クリーンアップ」アイコンをクリックしよう。

「ディスク クリーンアップ」のウインドウが表示される。

「削除するファイル」から削除したいファイルをチェックを入れよう。選択できるものは以下の通り。

  • ダウンロードされたプログラム ファイル
  • インターネット一時ファイル
  • Windows エラー報告とフィードバックの診断
  • DirectX シェーダーキャッシュ
  • 配信の最適化ファイル
  • ダウンロード
  • ごみ箱
  • 一時ファイル
  • 縮小表示

ウインドウ下にある「システム ファイルのクリーンアップ」をクリックすると、以下の項目も削除対象にできる。

  • Windows Update のクリーンアップ
  • Windows Defender ウイルス対策
  • Windows アップグレード ログ ファイル
  • デバイス ドライバー パッケージ
  • 言語リソース ファイル

基本的にここに表示されるものは全て削除してもシステムには影響を与えない。各項目を選択するとウインドウ下部に説明が表示されるので、削除する前に一応読んでおくと良さそうだ。特にダウンロードやゴミ箱のファイルを間違えて削除してしまうと復旧するのが大変なので注意しよう。

問題なければウインドウ下部にある「OK」ボタンを押せば、ディスクのクリーンアップが実行され、空き容量が増える。

「これらのファイルを完全に削除しますか?」と言われるので「ファイルの削除」をクリックする。

選択した項目にもよるが、削除にはしばらく時間がかかる。

ダイアログが消えたら削除完了だ。エクスプローラーからディスクの容量を確認してみよう。

「ディスク クリーンアップ」のウインドウにはもう一つ「その他のオプション」というタブがある。こちらを開くと「プログラムと機能」と「システムの復元とシャドウコピー」という二つの項目が現れる。

「プログラムと機能」の「クリーンアップ」をクリックすると、「プログラムと機能」のウインドウが表示されるが、これは Windows にインストールしてあるアプリケーションの一覧が表示されるので不要なものを削除しろ、という事のようだ。

「システムの復元とシャドウ コピー」の「クリーンアップ」をクリックすると、古い復元ファイルを削除できる。こちらも不要であれば「削除」ボタンを押して削除すれば空き容量を増やすことができる。

このような感じでシステムで利用された不要ファイルなどを安全に削除できる。ストレージの空き容量が心もとない場合には試してみると良いと思う。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました