開発したアプリなど一覧

投稿も可能! Instagram を Windows/macOS デスクトップアプリのように利用する

アフィリエイトリンクを含む場合があります

Instagram は誰もが知っている非常に人気のあるスマートフォンアプリ・Webサービスではあるが、スマホでの利用に特化しており PC 版の公式アプリは無く Web ブラウザでは閲覧専用と、 PC から利用するにはやや面倒なところがある。

しかし、以下の方法を利用することで Windows や macOS であってもスマートフォンアプリのように利用する事が可能だ。このページでは Instagram を Windows 及び macOS のデスクトップアプリとして利用する方法を紹介する。

Instagram を Windows/macOS でデスクトップアプリのように利用する方法

用意するものは Web ブラウザ「Google Chrome」とその拡張機能、「User-Agent Switcher for Chrome」の二つだ。拡張機能は Google 製なので安心だ。

ブラウザの User Agent を変更する Google 純正拡張機能 User-Agent Switcher for Chrome | Lonely Mobiler

拡張機能を入れたらオプション画面の「Permanent Spoof list」を開き、以下のように設定しよう。

「Domain」の欄に「www.instagram.com」を、「User-Agent String」の欄に iPhone6 などのスマートフォンの User Agent を選択しよう。

次に Google Chrome でインスタグラムを開き、ログインしよう。そうすると、以下のようにスマートフォン版が表示されるはずだ。

PC ブラウザで表示しているため横長の画面だが、画面下部にはスマートフォンアプリのようにホームボタンや投稿ボタンなどが並んでいるのがわかる。

この状態で Google Chrome のメニューから「その他のツール」->「ショートカットを作成」を選択しよう。

そうすると以下のようなダイアログが表示される。

「ウインドウとして開く」にチェックを入れ、「作成」を押そう。

これでデスクトップ上にアイコンが作成された。ダブルクリックして開くと、以下のように独立したウインドウで Instagram が表示される。

ショートカットを複数回ダブルクリックすればその分ウインドウも開かれる。

スマートフォンアプリ版とほぼ同じなので、画面下の投稿ボタンから画像をアップロードも可能だ。

フィルターをつけることはできるが、自分の環境では画像の位置を変更する事はできなかった。あらかじめ正方形に加工したほうが良いかもしれない。

このように簡単にインスタグラムを PC アプリのような感じで利用する事ができる。この方法はほかの Web アプリでも利用できるので覚えておくと非常に便利だ。以下も参考になるかもしれない。

Chrome で Web サイトをアプリの様に利用する方法 | Lonely Mobiler

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました