Android のアニメーション速度を変更/無効にする方法

シェアする

Android はアプリの切り替え時やページ遷移時等でその動作をわかりやすくする為にアニメーションで表示されます。しかしこのアニメーション、標準状態では妙に遅く感じます。それに人によっては無駄なアニメーションなどいらないと言うかもしれません。

自分はアニメーションの速度を通常の二倍速に変更しています。完全にオフにする事もできますがなんだか味気ないので速めとしています。以下にアニメーション速度の変更方法をメモしておきます。

Sponsored Links

開発者向けオプションを有効にする

アニメーションの設定を変更するのに開発者向け??と思うかもしれませんが、現状は開発者向けの設定となっているようです。開発者向けオプションを表示するには「設定」->「端末の状態」->「ビルド番号」を連打します。

これで開発者向けオプションが利用できるようになりました。右上のスイッチが入ってる事を確認しましょう。

アニメーション速度の変更

アニメーション速度の変更は、開発者向けオプションの「描画」の項目にある以下の3つのメニューにより設定可能です。

  • ウインドウアニメスケール
  • トランジションアニメスケール
  • Animator再生時間スケール

標準状態では「アニメーションスケール1x」となっています。この値を「.5x」と変更する事でアニメーションが速くなります。

無効にする場合は「オフ」を、逆にアニメーションをゆっくりさせたい場合には「2x」などを選ぶと良いです。ゆっくりさせるとかなり使いにくく感じると思いますが。。。

これで Android がキビキビ動くようになりました。アニメーションは最小限のほうが良いですね。

Sponsored Link

シェアする

フォローする