Android の壁紙に様々な情報を表示する Smart Wallpapers

シェアする

android-smart-wallpapers

Android 限らずスマートフォンやコンピュータは壁紙を設定できるものが多い。通常、壁紙は任意の画像を選択事になるだろう。また、ホーム画面に情報を得るための様々なウィジェットを表示している人も多いだろう。

Android を利用しているのであれば Smart Wallpapers というアプリを利用する事で壁紙内に CPU やメモリの使用率、バッテリー残量、アラームといったスマートフォンの情報を表示する事ができるようになる。壁紙がウィジェットを兼用するような感じだ。

扱いとしては壁紙というよりはライブ壁紙という事になるのだろう。壁紙として表示されるので例えばアプリドロワーを表示した際にも後ろで薄く表示されたり、ロック画面でもホーム画面と同じように表示する事ができる。これはウィジェットには無い利点だろう。

android-smart-wallpapers-lock-screen

表示できる情報は無料版では以下の通り。

  • 電話会社名称
  • CPU 使用率
  • CPU 温度
  • RAM 使用率
  • ストレージ使用率
  • バッテリー残量
  • アラーム
  • カレンダーの予定

有料版を購入する事で

  • ネットワークトラフィック
  • Wifi 状況
  • Google Fit の各種数値
  • 未読 SMS
  • 不在着信

なども表示できるようになる。

以下のスクリーンが Smart Wallpapers を起動した画面だが、この上部より情報を選択できる。

android-smart-wallpapers-index

一覧画面は以下のような感じだ。

android-smart-wallpapers-select-information

各種情報の位置調節はドラッグする事で自由に変更可能な他、設定により「左/右/中央に縦に整列」「上下横に整列」を選ぶ事ができる。

android-smart-wallpapers-arrangement

アイコンの色が変更可能なのは勿論、壁紙に対しても色を変更したりブラーを効かせる事でアイコンを見やすくする事もできる。

使用できる壁紙は自由に選択できるのはもちろん、このアプリからも様々なものをダウンロード可能だ。よい壁紙がスマートフォン内に無い場合にも良さそうだ。

Sponsored Link

シェアする

フォローする