Mac のファインダーからターミナルを開けるようにする TermHere

シェアする

開発者にとってターミナルアプリは必須です。自分も Mac を利用する時は常時 iTerm が動いています。普段からターミナルを利用しているとファイルの一括処理等、開発時以外のちょっとした作業でも使いたくなるものです。

ファインダーでファイルやフォルダを見ながら「ここでちょっとターミナルを起動して作業したい」という時に便利なのが TermHere というファインダー拡張機能です。

この拡張機能を入れるとファインダー上に「ターミナルで開く」ボタンが追加され、フォルダを右クリックした際も「ターミナルで開く」メニューが表示されるようになります。

拡張機能を Mac App Store よりインストールしたらまず Finder 拡張機能を有効にする必要があります。TermHere を起動したら以下の画面になるので、Open Preferences を押して拡張機能を有効にしましょう。

mac-termhere-options

以下のチェックを入れるだけです。

mac-termhere-finder-extension-settings

あとはファインダーからフォルダを右クリックしたりツールバー上のアイコンよりターミナルを開く事ができるようになります。

mac-termhere-right-click

右クリック時は "New Terminal Here" メニューを利用します。

mac-termhere-toolbar

ツールバーのアイコンはわかりやすいですね。

上記のオプションウインドウを見ての通り、Terminal アプリは自由に変更が可能です。標準では /Applications/Utilities/Terminal.app を利用します。iTerm2 を指定した場合、ターミナルは新規タブで開くようになります。

ターミナルをよく利用する開発者にとってはいれておくとかなり便利になると思います。

Sponsored Link

シェアする

フォローする

コメント

  1. […] Mac のファインダーからターミナルを開けるようにする TermHere Lonely Mobiler Finder から iTerm (Terminal) を開く -2015年10月版 ハトネコエ Web […]