LINE や Twitter 等の通知をポップアップ表示、返信可能な Android アプリ Notifly

シェアする

Line や WhatsApp, Hangouts といったメッセンジャーアプリを利用していると誰かからメッセージが飛んできたら通知欄に表示されますね。通常はその通知欄から選択してアプリを開いてメッセージを送る事になると思います。

しかしメッセージを複数やり取りする場合や他のアプリを開いている時などはその都度アプリを開く必要がある為、結構面倒くさく感じる事があるでしょう。

Android であれば Notifly というアプリを利用することで他のアプリを開いたままでも LINE 等のメッセージの確認や返信する事ができるようになります。

対応しているアプリは今のところ以下の通り。

  • WhatsApp
  • Telegram
  • Hangouts
  • Line
  • Skype
  • Tango
  • KakaoTalk
  • Twitter
  • Facebook Messenger
  • Google Messenger
  • Plus Messenger

設定によりアプリ毎に有効/無効を切り替える事ができます。

対応しているアプリであれば通知がきた瞬間に画面上にバブルが表示され、タップする事で内容を表示してくれます。ポップアップで表示するのでアプリを切り替える事なくメッセージを確認できます。

android-notifly-popup

メッセージが短ければポップアップも小さいので邪魔になりません。スタンプや写真などは送られた事はわかるのですが内容は表示されない為、そういう場合はウインドウ右上のボタンを押してアプリを起動しましょう。バブルには受信したメッセージ数も表示されています。

メッセージに返信を行う場合はこのウインドウの下部のテキスト入力欄を使用する事で即座に送信できます。

android-notifly-reply

バグなのかわかりませんが何故か Android のホームボタン等が消えてしまいます。メッセージを送信したり画面の他のところを押せばウインドウが消えて元に戻るのでそこまで問題とはならないでしょう。

設定画面ではポップアップを自動的に表示するか、バブルの場所を記憶しておくか、バブルの表示幅、スクリーンをロック状態に通知を表示するかどうかも指定が可能です。

アプリ毎の設定項目には未読メッセージを表示するか、Notifly が通知を取得したら画面をオンにするか、通知欄との連動方法を指定可能です。

また、アプリ内課金によりプロ版が用意されています。こちらを購入すると設定項目にあるバブルのサイズや色を変更したり、広告を削除する事ができます。

メッセージを送りながら他のアプリを見たり、複数のメッセージングアプリをよく使う人には便利でしょう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする