Anker の USB ケーブル, PowerLine+ Micro USB と Micro USB - Type-C 変換アダプタを購入

シェアする

Nexus 5X の購入にあたり Type-C ケーブルを入手せねばならなかったが他の機器との兼ね合いもあり、Micro USB を USB Type-C へ変換するアダプタを購入する事にした。さらに、現在利用している Micro USB ケーブルの接触が思わしくないので新たにケーブルも購入する事にした。

購入したのは Anker PowerLine+ Micro USB ケーブル 及び Anker USB-C& Micro USB アダプタの二つ、どちらも Anker 製だ。

Sponsored Links

Anker PowerLine+ Micro USBケーブル

ただの Micro USB ケーブルに1000円も出すなんて、と思うかもしれないが、確かにケーブルの中ではやや高めだがそれでもたった1000円だ。大した値段ではない。

高いだけあってケーブルは防弾仕様のケブラーに二重折り込みの高耐久ナイロンでできている。専用のポーチも付属している。

anker-microusb-unbox

箱をあけたところ。「AMERICA'S LEADING USB CHARGING BRAND」と保護用紙に書いてある。Anker ってどこの国のメーカー?って聞かれる事たまにあるけどアメリカなのだ。中国のメーカーよりよっぽど信頼できるだろう?とはいえ Anker の製品も Made in China だったりするわけだが。ちなみに Anker のモバイルバッテリーは自分も利用している。

anker-microusb-case

ポーチはフェルト製。磁石で止まるようになっている。この磁石は結構弱目だ。

anker-microusb-inside

中はベルクロで止められるようになっているが、ベルクロの止める側を固定させて使わない事も可能。

見た目が豪華なのと素材が強そうなところを除けば普通の USB ケーブルだ、他とそれほど性能差があるわけではないだろう。

色はレッド、ゴールド、グレイ、ホワイトの四種類ある。選べるのも良いかもしれない。

Anker USB-C& Micro USB

Micro USB を USB Type C へ変換するアダプタも Anker のものを購入した。二つ入って 800 円だ。

anker-microusb-typec-converter

特筆すべき点は無いが、小さいので無くしやすそうなのが気になるぐらいか。基本的には挿しっぱなしになるだろう。

デジカメやモバイルバッテリーは Micro USB で、スマートフォンは USB Type C で充電するのだが、ケーブルをそれぞれ用意するよりはこういった変換アダプタを利用するほうが無駄が出ないだろうと思う。家で使っているケーブルの中には USB mini -> micro -> type-c と変換しているものもある。

USB Type C は Lightning ケーブルのように上下逆でも刺さる使い勝手の良いケーブルだ。もちろんメリットはそれだけではないのだが、ぜひ他の機種にも広がって欲しい。

Sponsored Link

シェアする

フォローする