WordPress に様々なショートコードを追加するプラグイン Shortcodes Ultimate

シェアする

WordPress の記事を記述する際にプラグインにより提供されるショートコードを使う方は多いと思います。ショートコードのおかげで記事の内容をより充実させたり、見た目を良くしたり、手作業でやると大変なことを代わりにやってもらって手間を削減したりできますね。

Shortcodes Ultimate というプラグインを利用すると、そんなショートコードを大量に利用できるようになります。

このプラグインを使う事で、タブやアコーディオンメニュー、カラムレイアウト、メディアの埋め込みといった実装が面倒なものや WordPress の投稿やユーザ情報など php で記述しなければいけないようなものをショートコードを記述するだけで記事内に表示できます。

Sponsored Links

Shortcodes Ultimate のインストール

このプラグインは WordPress 公式に登録されているので、管理画面の新規追加画面より Shortcodes Ultimate で検索し、出てきたものをインストール、有効化しましょう。

もしくは上記ページよりファイルをダウンロードし、scp などでアップロード、管理画面より有効化しましょう。

Shortcodes Ultimate の使い方

このプラグインはショートコードを提供するものなので、有効化してしまえばあとは記事内に好きなショートコードを記述するだけです。とはいえどのようなショートコードがあるのか、どのように記述すればいいのかが最初はわからないかもしれません。

しかしこのプラグインでは簡単にショートコードを記述する手段が用意されています。記事作成画面で alt-i を押す、もしくは Insert Shortcode ボタンを押すことでショートコードを入力する為のダイアログが出て簡単に記事に挿入できます。

wordpress-shortcodes-ultimate-dialog

ここから使いたいものを選び・・・

wordpress-shortcodes-ultimate-dialog-2

設定項目を指定して Insert shortcode ボタンを押すだけです。

wordpress-shortcodes-ultimate-dialog-3

これだけでタブが記事内にできました。簡単ですね。

ショートコードの仕様を確認したいときはダッシュボードのサイドバーにある Shortcodes メニュー内 Cheatsheet を確認すると良いです。

作業項目は極力減らして効率化したいのでこういったプラグインを上手く活用できると良いですね。

Sponsored Link

シェアする

フォローする