Chrome のタブ内を分割表示できる拡張機能 Split Screen

シェアする

Chrome 限らず現在の Web ブラウザにはタブ機能があるので複数の Web ページを開いてもウインドウが散らからず便利です。しかし、見ている Web ページなどによってはウインドウを複数開いて両方同時に見たいという場合もあるでしょう。

タブをウインドウ化するのも良いですが、Split Screen を利用すると一つのタブ内で複数の Web ページを開く事ができます。

この拡張機能をインストールし、ツールバー上のスクリーンアイコンをクリックすると以下のように画面二分割で Web ページを読み込む事ができるようになります。

chrome-split-screen

画面上部に URL 欄があるのでそこから開きたいページへアクセスする必要があります。それ以外のツールバーなどはありませんがフォーカスがあたっていればショートカットキーで操作したりできます。

分割方法は縦だけでなく横も可能ですし、何故かメモ帳機能も搭載されているので Web ブラウザを開きつつメモを取りたいという場合にも良さそうです。

chrome-split-screen-menu

オプションでは分割時にデフォルトで開いているページの URL や分割時に縦で開くか、横で開くか、その幅を指定できます。

chrome-split-screen-options

複数の Web ページを同時に見たいという場合は結構あるのでウインドウを増やす以外の方法ということで覚えておくと良いかもしれません。

Sponsored Link

シェアする

フォローする