Webサイトをバックグラウンドで効率的に読み込む Android のブラウザ Flynx

シェアする

Android では Twitter や Facebook などのアプリで URL をタップしたら標準ブラウザ(通常は Chrome)が立ち上がるだろう。このブラウザは 自由に選ぶ事ができ、それが iOS 端末にはない利点となっている。

だがブラウザを開いて読み込まれるまでには電波状況にもよるが時間がかかる事も多い。タップして暫く白い画面を見続けるというのも悲しい。Flynx というブラウザを利用すれば開いたURLをバックグラウンドで読み込ませる事ができ、他の作業を行いながらローディングを待つ事ができて便利だ。

使い方は簡単、Twitter などで URL をタップしたときにこのブラウザを選ぶだけだ。

android-flynx-loading

左側に見える丸いのが Flynx です。あとはバックグラウンドで読み込んでくれます。通常のブラウザのようにローディングが終わるまで待つ必要無しです。読み込みが終わっても自動的に切り替わる事は無いので、自分の好きなタイミングでアイコンをタップしてブラウザを開こう。

android-flynx-browser

ただ開くだけでなく、広告など不要なものを削除し、データ通信量を削減、リンクをダブルタップしてオフライン対応な後で読む機能、もちろん Twitter などへの共有にも対応しています。

便利ですよこれは。

Sponsored Link

シェアする

フォローする