Web サイトへデフォルトで HTTPS での接続を行うブラウザの拡張機能 HTTPS Everywhere

シェアする

Web サイトへアクセスする際、HTTPS を使用すると暗号化による盗聴や通信の改ざんを防ぐ等、通常の HTTP と比べより安全につなげる事ができます。GMail や会員サイト等個人情報などを扱う Web サイトでは多くのサイトで使用する事ができます。

通常 HTTPS が使用できる Web サイトはデフォルトで HTTPS でアクセスするのだが、そうでない場合もある。そのようなときは HTTPS Everywhere というブラウザの拡張機能を使用すれば HTTPS が使えるなら優先的に HTTPS でアクセスするようになる。

Google Chrome, Firefox, Firefox for Android, Opera でそれぞれ利用できるが Firefox は公式アドオンとして登録されてないので本家よりダウンロードする必要がある。

この拡張機能は入れるだけでブラウザのデフォルトでの接続方式が HTTPS になる。もちろん HTTPS でアクセスできなければ通常の HTTP でのアクセスとなる。

httpseverywhere

拡張機能をいれた状態ではロケーションバーにアイコンが表示され、クリックするとこのような画面になる。そのままで大丈夫だと思う。

HTTPS で繋げれる Web サイト増えると良いですねぇ。

Sponsored Link

シェアする

フォローする