WordPress でXMLサイトマップを送信する Google XML Sitemaps

シェアする

WordPress で検索エンジンへの登録時に使用する XML サイトマップを自動で作ってくれるのが Google XML Sitemaps というプラグイン。さっそくインストールして使いましょう。

ちなみに XML サイトマップを利用するには Google ウェブマスターツールへの登録が必要です。

Sponsored Links

インストール

プラグインの新規追加を押し、Google XML Sitemaps で検索するとでてきますので、それをインストール -> 今すぐ有効化 と進めていきましょう。

基本的に特に設定せずともサイトマップが生成されるようになります。デフォルトでは WordPress のあるディレクトリに sitemap.xml という名前で生成されると思います。

設定の XML-Sitemap を見ると正常に動いているかどうかを確認できます。

google xml sitemap

XML をウェブマスターツールへ登録

生成された XML をウェブマスターツールへ登録する必要があります。

ウェブマスターツールへログインし、クロール -> サイトマップ と進んで行き、右上にある「サイトマップの追加/テスト」を押しましょう。

google xml sitemap

自分のブログの URL に続いてテキストエリアが表示されるので、XML のファイル名を入力し、テストしてみましょう。

google xml sitemap

テスト結果で問題なければ再度「サイトマップの追加/テスト」から、こんどは「サイトマップを送信」を押しましょう。

送信がうまくいけば送信済みのコンテンツ及びインデックスに登録されたコンテンツがグラフで表示されます。

google xml sitemap

あとはブログを書けば勝手に再生成されます。

Sponsored Link

シェアする

フォローする