WordPress の SyntaxHighlighter Evolved で UnityScript を扱う

シェアする

unityscript on syntaxhighlighter evolved

今まで Unityscript を SyntaxHighligher Evolved で表示する時は JavaScript を指定してたんですけど、微妙に違うなーって思ったので UnityScript 用の SyntaxHighligher のファイルを読み込むように変更しました。

Sponsored Links

導入方法

今インストールしてある SyntaxHighligher Evolved を直接いじるとアップデートしたときに全部消えてしまうので、新たにプラグインを作成します。

プラグインを作成する

wp-contents/plugins 以下に syntaxhighlighter-user ディレクトリを作成し、その中に syntaxhighlighter-user.php ファイルを作成します。ファイル名はわかりやすければなんでもいいです。

そうしたら php ファイル内に以下のように記述します。

<?php /*
**************************************************************************

Plugin Name:  SyntaxHighlighter Evolved User Brush
Plugin URI:   http://loumo.jp
Version:      0.1
Description:  Adding user brushes-
Author:       Ryo Matsufuji
Author URI:   http://loumo.jp

**************************************************************************/

add_action( 'init', 'syntaxhighlighter_user_regscript' );

add_filter( 'syntaxhighlighter_brushes', 'syntaxhighlighter_addlang' );

function syntaxhighlighter_user_regscript() {
    wp_register_script( 'syntaxhighlighter-brush-unityscript', plugins_url('syntaxhighlighter-user/js/shBrushUnityScript.js'),        array('syntaxhighligh    ter-core'), '1.2.3' );
    wp_register_script( 'syntaxhighlighter-brush-unitycsharp', plugins_url('syntaxhighlighter-user/js/shBrushUnityCSharp.js'),        array('syntaxhighligh    ter-core'), '1.2.3' );
}

function syntaxhighlighter_addlang( $brushes ) {
    $brushes['unityscript'] = 'unityscript';
    $brushes['unitycsharp'] = 'unitycsharp';

    return $brushes;
}

参考:

自分は UnityScript のみで C# は使ってないのですが一応両方対応しておきます。

php を書いたら次は UnityScript用の Brush ファイルをダウンロードしましょう。github の unity3d-jp / SyntaxHighlighter にあります。感謝!

僕はサーバにログインして作業してるので wget でダウンロードしてきました。Brush ファイルは上記コードで js/ を読み込むように書いたので js ディレクトリを作成しそこに保存します。

$ mkdir js
$ cd js
$ wget https://raw.github.com/unity3d-jp/SyntaxHighlighter/master/scripts/shBrushUnityCSharp.js
$ wget https://raw.github.com/unity3d-jp/SyntaxHighlighter/master/scripts/shBrushUnityScript.js

使い方

ファイルを保存できたらこのプラグインを WordPress にインストールします。他のプラグインと同じように wp-contents/plugins 内にディレクトリごとコピーするだけです。上記 php 内の冒頭にあるコメントの内容がプラグイン一覧に表示されます。

プラグインを有効にしたら、投稿画面で他の言語のように sourcecode language="unityscript" などと指定したら色がつくはずです。

Sponsored Link

シェアする

フォローする