Plagger使ってみた。

シェアする

今更ながらPlaggerを使ってみる。なんで今か?というと、Googleで「はらへった」と検索するとピザが届くようにするまで ってのを先日たまたま見て感動したからだ。いや別にピザが欲しいわけじゃないけど、楽しそうなのでとりあえず正常に動作する事だけを考えた。

環境はUbuntu7.10、synapticでPlaggerが入るので楽。しかしCPANとかかなり適当にいじったのでもう一度インストールできるかと言われたら微妙なライン。まあいいか、きっと大丈夫だ。

System -> Administration -> Synaptic Package Manager -> Settings -> Repositories -> Third-Party Software -> Add
以下を追加

deb http://debian.hansode.org/ ./
deb-src http://debian.hansode.org/ ./

この状態で libplagger-perl をインストール これでPlaggerを使えるようになる。
コマンドラインで plagger と打つと実行できるが、まず設定ファイルを書く。面倒くさいからルートで作業してる。よくないなあ。

global:
    plugin_path: /root/.cpan/build/Plagger-0.7.17/assets/plugins/
    assets_path: /root/.cpan/build/Plagger-0.7.17/assets/
    timezone: Asia/Tokyo
    log:
      level: debug

plugins:
  - module: Subscription::Config
    config:
      feed:
      - url: http://japanese.engadget.com/
      - module: Filter::Rule
      rule:
        module: Deduped
      - module: Filter::EntryFullText
          config:
            store_html_on_failure: 1
  - module: Widget::HatenaBookmark
  - module: Filter::HatenaBookmarkUsersCount
  - module: Widget::HatenaBookmarkUsersCount
  - module: Filter::BreakEntriesToFeeds
  - module: Publish::Gmail
      config:
        mailto: foo@examlpe.com
        mailfrom: foo@example.com
        via: sendmail

/usr/bin/ に置いちゃったけど、 plagger の引数 -c をつけるとyamlファイルを指定できるので$HOMEあたりにPlagger用ディレクトリ作って突っ込んだ方がいいだろう。plugin_path とかは当たり前だが環境にあわせて設定する必要がある。俺の場合は上記の通り。

module: Publish::Gmail の via は sendmail 以外にも smtp_tls とか指定なしとかも出来る。使い方よくわからず、とりあえず Gmail.pm を見たら sendmail と smpt_tls と その他 のパターンがあることがわかった。困ったらソース読んで理解してけばPerlの勉強にもなって良いかも?

んでこの状態で plagger を実行すると japanese.engadget.com の記事リストがどばっと gmail に送られてくるわけだ。

engadget entry list

メールタイトルぐらい変更しないとわかりにくいか。もっと遊んでみよう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする