開発したアプリなど一覧

git log 見るのに便利な tig いれた。

tig

git での変更履歴なんかは git log コマンドで見るより tig で見たほうが捗るヨネーって事で tig 入れました。

Index of /tig

インストール

インストール方法は github から, 公式の tar ボールから, yum/apt から等いろいろあります。

github から

github にあがってるものは configure 無くて autogen.sh 叩くのが普通なんですかね?

$ git clone git://github.com/jonas/tig.git
$ cd tig
$ ./autogen.sh
$ ./configure --prefix=$HOME/local
$ make
$ make install

apt-get から

管理者権限ある ubuntu にはこれで入れました。

$ sudo apt-get install tig

起動

git のリポジトリにいるときに tig を実行します。

man tig より以下に起動例を示します。

# 引数が何もなければ現在の branch を表示します
$ tig

# branch 名を指定できます。
$ tig test master

# 全ての branch を表示するには --all を使用します
$ tig --all

# 二つの branch 間の差を見る
$ tig test..master

# 一つのファイルの履歴を見る
$ tig -- FILENAME

# 特定のリビジョンの特定のファイルを見る
$ tig show VERSION:FILENAME

# 日付の範囲内の履歴を見る
$ tig --after="2013-01-01" --before="2013-04-01" -- FILENAME

キーバインド

キーバインドがいろいろ用意されてます。自分が使ったり使わなかったりするものをメモ。

画面の切り替え

mmain view 起動時の画面
ddiff を表示
Bblame を表示
Hbranch を表示
hヘルプを表示
Sstatus を表示

画面の操作

Enterその行の git log を表示
^N次へ移動
^P前へ移動
Tabペイン移動
q現在の view を閉じる
~tig の終了

カーソル操作

k一行上へ
j一行下へ
PageDown, ^D一画面下へ
PageUp, ^U一画面上へ

検索

/開いてる view 内で検索
?反対方向に検索
n検索語句が次にヒットする場所に移動
N検索語句が以前にヒットする場所に移動

他のソフトウェアとほぼ共通のキーバインドなので大体どうにかなりそうですね。ただ G で git gc が動いたり C で git cherry-pick したりします。help はざっと目を通したほうがよいでしょう。

Sponsored Link

コメント