開発したアプリなど一覧

Windowsも英数カタカナ変換にControlキーを使えるんだよ。

Macの英数・カタカナ変換はファンクションキーではなくControlキーを使う

ふと見たこの記事の以下の一文に反応してしまったので。

Windows から乗り換えたばかりだと F7 とか F10 を使いたくなりますよね。
(中略)
Mac では文字入力中に Control キーといくつかのキーを使って文字変換操作が出来るようになっています。

いやそれ Windows 標準の MS-IME にもあるから!!!

というか MS-IME のキーバインド、標準でいろいろ設定されているにも関わらず全然知られてなくて大変残念です。とかいう僕も家のwindows機は Google IME を使用していて、仕事マシンでは Microsoft Office IME なので MS-IME は使ってないのですけどね。

ただ Office IME と MS-IME は大体キーバインド共通なので各種ショートカットキーは便利に使用しております。

というわけで以下にあげてみます。全て日本語変換中の動作です。

文字変換

未確定状態の文字列を全てひらがなや英数字に変換する場合には以下のショートカットキーを利用する事で変換が可能だ。ホームポジションから遠い F10 などを押す必要はない。

Ctrl+uひらがな
Ctrl+i全角カタカナ
Ctrl+o半角カタカナ
Ctrl+p全角英数字
Ctrl+t半角英数字
Ctrl+yIMEパッドを表示

カーソル移動

未確定中の文字列であれば以下のショートカットキーを利用する事でカーソルを移動する事ができる。移動したのち文字を挿入したり削除したりなんて事が可能だ。

Ctrl+k左へ移動
Ctrl+s左へ移動
Ctrl+l右へ移動
Ctrl+d右へ移動
Ctrl+a先頭へ移動
Ctrl+j末尾へ移動

編集

未確定文字列で文字を削除したり、変換を確定するのにも以下のショートカットキーを利用する事ができる。

Ctrl+h前の文字を削除
Ctrl+g後の文字を削除
Ctrl+m変換確定
Ctrl+z全削除

カーソル移動とかはあんまり使わないしカーソルキーあれば大体どうにかなると思うけど、変換時のショートカットは覚えておくととても捗ります。特に Ctrl-t で半角英数の使用頻度はとても高い!なので一々ファンクションキーまで指を延ばす必要など無いのです。

Windows でもできる事を知らずに「Mac では Control キーを使う」なんて言うのは勉強不足だろう。

ただ Mac OS にある Emacs like なキーバインドは便利ですね。windows でも xkeymacs とか使えばできるんですけど。

Sponsored Link

コメント

  1. a より:

    これ思いますねー
    macOSにはTimemachineがあってバックアップ便利ですよ〜とかいうのも、Windowsにも「ファイル履歴」っていう似たような機能あるじゃん!って思います

    それでも自分はmacOSを使っています…なぜならUNIXでありあまり余計なこと考えず生きられるから…。
    少しの手間と頭を使うことを惜しまなければ、別にWindows良いし、かなりの手間とすごく頭を使うことを惜しまなければ、Linuxでだって(無理やり)Adobe Photoshopは動くしMS Officeも動くのですから…。

  2. a より:

    さっきコメントしたのに連投してすみません。
    Windows10で試しましたが、あくまでMS-IMEのショートカットなので、emacs風キーバインドみたい文字を扱うときはいつでも使える、というわけではなく、MS-IMEの制御下にあるときじゃないと使えませんね。
    具体的には「にわにわにわにわとりがいる」とか入れて変換途中に下に波線が出るじゃないですか、あの変換途中の状態でしか使えません。

    当然、MS-IMEを使わない英数字なんかには全然使えません。

    しかも、Ctrl+sとかいろいろ効かないキーがあります。

    2016年当時は動いたのかもしれませんが…。

    • ryomatsu より:

      なので記事中にも「全て日本語変換中の動作です」や「未確定中の文字列であれば」と書いてあります。