Google Chrome 拡張機能のソースコードを調べる

シェアする

Google Chrome の拡張機能を調べていたらコピー品かと思うぐらいそっくりのものを発見したので調べてみた。

Chrome の拡張機能はインストールすると以下のフォルダへ格納される。

Windows の場合は

%USERPROFILE%\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default\Extensions\

macOS の場合は

~/Library/Application Support/Google/Chrome/Default/Extensions/

ls してみるとフォルダ名は英数字の羅列となっていて一体どれがどの拡張機能かわかりにくい。

どの拡張機能がどのフォルダなのかはその中を調べればわかるが、面倒くさい。なので Chrome Web Store の URL から確認するほうが良い。

拡張機能のURLの末尾にあるアルファベットの羅列がフォルダ名だ。

これをコピペして ls してみると該当の拡張機能のソースがあるのがわかる。

もちろんソースは見放題だ。

ちなみにコピー品だと思った拡張機能は以前からあった(と思われる)方が MIT ライセンスで公開されていた為、特に問題のあるようなものではなさそうであった。それ以上調べるのだるい。

ちなみに上記のスクリーンショットでは AddThis が写っているが該当の拡張機能とは無関係ですハイ。

Sponsored Link

シェアする

フォローする