Windows 10 でウインドウのスナップ機能やアプリ整列をオフにする

シェアする

Windows 7 から搭載されている Aero Snap 機能を利用するとウインドウを画面半分や前画面などへ素早く整列させる事ができ大変便利です。Windows 10 では左右に加えて四隅にも対応し、画面半分のウインドウ、画面1/4のウインドウを作りやすくなっています。

windows10-aerosnap

便利ですがこの Aero Snap 機能が不要だと思う人もいます。まぁ好き嫌いはありますからね。でも大丈夫、ちゃんと設定により無効化できます。

Sponsored Links

Windows 10 のスナップ機能をオフにする

Windows 10 の「設定」->「システム」->「マルチタスク」と移動すると「スナップ」という項目があり、ここから設定を変更可能です。

windows10-aerosnap-settings

設定項目は以下の三つ

ウインドウを画面の横また隅にドラッグしたときに自動的に整列する

いわゆる以前からあるスナップ機能の事でしょう。ウインドウを画面の左右端に移動させるとウインドウを1/2にリサイズし左右に配置したり、ウインドウをドラッグしたまま振ると他のウインドウを最小化する機能です。

オフにすればスナップしなくなります。

複数のウインドウをスナップするときにウインドウのサイズを自動調節する

スナップした状態でそのウインドウをリサイズし、そのまま他のウインドウをスナップしたらウインドウサイズを自動的にそれに合わせます。

例えばこんな感じに。

windows10-aerosnap-autoresize

オフにすれば他のウインドウサイズに合わせずに 1/2 と 1/4 のウインドウサイズ固定になります。

ウインドウをスナップしたときに横に配置できるものを表示する

スナップした反対側に表示するアプリを指定できます。

windows10-aerosnap-choose-app

オフにすればアプリの選択がでなくなります。

Sponsored Link

シェアする

フォローする