謎の独立国家ソマリランドを読んだ

シェアする

いつもネット上ではリアル北斗の拳状態とかなんとかいわれるソマリアの北部に出来た自称独立国家ソマリランドに実際に出かけてソマリ文化にどっぷり浸かって帰ってきた人の本です。めっちゃ面白いです。Kindle 版もあります。

ソマリランドの事がメインだが隣の海賊国家プントランド及びソマリアのモガディシュまで行きこれら地域の歴史や文化、他国との関わり、海賊について、現在どのような状態にあるかなどが書かれています。

この本によるとソマリランドは外国人が一人で出歩いても平気なぐらい平和だがプントランド及びソマリアは護衛なしでは出歩けないような場所のようだ。では何故ソマリランドが平和なのか、未だに他の地域は危険なのか、そのあたりの話がとても興味深い。

ソマリア自体かなり謎というか情報がろくに無く、本書に出てきた固有名詞をそのまま日本語でぐぐってもこの本のレビューにしかあたらないみたいな状態です。ソマリアについて書かれた書物もそう多くなく、とりあえずこの本を読んどけば OK だと思う。

ソマリランドを承認している国は無いので外務省の危険情報欄でもソマリアの欄に記載がある。

ソマリアに対する渡航情報(危険情報)の発出 - 海外安全ホームページ: 危険情報詳細

いくら平和だと言われても何があってもおかしくはない状況ではあるし日本の領事館などは無いので行く場合は十分注意されたし。居ないか。

著者はこの本で初めて知ったが高野秀行というノンフィクション作家らしい。他にも海外のあまり知られてない地域とかアヤシイ話とかを本にしているっぽい。そっちもいずれ読みたいところだ。

Sponsored Link

シェアする

フォローする