Android 5.0 のバッテリーセービング機能を使用して電池を長持ちさせる

シェアする

Android 5.0 からバッテリー残量が低下した際にバッテリーセービング機能が使えるようになりました。割と頻繁に充電してたので今まで見る機会がなかったのですが先日バッテリー残量が15%以下になったときに出てきたので試してみました。

batterysaving

バッテリーセーバー状態になると画面の上下がオレンジ色になり、端末の性能、バイブレーション、バックグラウンドデータ通信のほとんどを制限する事で電池の減りを抑えます。この状態の時に操作してみると明らかに処理速度が低下してカクカク動くので効果が出ていそうな感じです。

バッテリーセーバーをオフにするには通知欄よりバッテリーセーバーの欄を選択すると設定画面が表示されるのでスイッチをオフにするだけです。

batterysaving-settings

自動的に機能をオンにする事もでき、その場合は電池残量が "15%以下"、"5%以下" の二種類から選ぶ事ができます。

スマートフォンはまだまだバッテリーが心もとないのでこういった機能が最初からあるのは良いかもしれません(が、もっと容量搭載してほしい感じである)

Sponsored Link

シェアする

フォローする