Mac にタスクバーを追加できる uBar

シェアする

OS X ではドックを使ってアプリケーションを起動したり切り替えたりといった事をしますが自分はあまりコレに馴染めず、ほとんど Alfred 経由で起動し、Command + Tab でアプリを切り替えています。むしろマウスを使わなくて快適なのですが、Windows みたいなタスクバーを表示できるアプリを知ったので試しに使ってみた。

タスクバー表示アプリ uBar の無料版で最近リリースされたっぽいですね。

起動すると Windows XP 時代にあったようなのタスクバーが表示されます。

ubar

左から「スタートボタン」「お気に入りアプリ」「タスク一覧」といった感じになります。

ubar-launcher

マウス派には良いかも?

設定できる項目は以下のとおり

  • テーマ
  • 大きさ(自動,大,小)
  • 左右に固定するか
  • メニューボタンをアイコンにするかテキストにするか
  • お気に入りアプリを表示
  • 時計に表示
  • 自動で表示,非表示にする
  • ログイン時に起動
  • アプリケーションの表示順番(アルファベットか起動順)
  • アプリケーションのタイトルを表示
  • アプリケーションのバッジを表示(Liteでは設定不可)
  • ウインドウのグルーピング(Liteでは設定不可)
  • ダウンロード終了時に通知を出す
Sponsored Links

有料版

どうも Mac App Store にある uBar は Lite とついてあるように有料版が存在します。

Lite に加えてバッジの表示やウインドウのグルーピング、ゴミ箱を表示、アプリの終了/隠すなどの機能、スリープ/再起動/シャットダウン/ログアウトを ubar メニューに表示などが追加されています。

OS X 標準の Dock の代わりになって便利そうです。

Sponsored Link

シェアする

フォローする