ServerPress を使ってローカルに WordPress の環境を構築する

シェアする

desktopserver-finished

普段 WordPress は借りている VPS 上にインストールしていろいろいじっているが、ローカルで動いたほうが便利な時もある。出先でいじる際はネットワークが不安定だったりするし。

ただローカルに新たに環境を構築するのはわりと面倒くさい。Web サーバや MySQL を入れてそれらの設定を行わないといけない。自分はサーバもある程度いじれるがそうでない人もいるし、わかっていても面倒くさいものは面倒くさい。

なので ServerPress というアプリケーションを利用して一括でやる事にする。bbPress を開発しているところが出している、Wordpress をローカルで動かす為のソフトウェアだ。インストールする事でローカル環境に Apache と MySQL, PHP が動くようになる。というか中身は Xampp + WordPress っぽい。

Sponsored Links

ServerPress をインストールする

公式より DesktopServer Limited (free) のところから使用している OS に合ったパッケージをダウンロードし、インストールしよう。

有料版との違いはいろいろ書いてあるがただ WordPress を動かすだけなら free 版でも大丈夫だ。

OS X 版であればパッケージを開いたらでてくる "Install DSL v361.app" を実行してインストールを進めよう。

dsl-install

インストールが完了すると以下のようなダイアログが出る。

desktopserver-installed

DesktopServer は Applications/XAMPP フォルダから実行できる。実行して WordPress を動かすための設定を行おう。

ServerPress で WordPress を動かす

基本的には上記 DesktopServer を実行したらダイアログに添って Next を押し続ければ WordPress が動くようになる。

desktopserver1

Yes!

desktopserver2

Yes. Apache と MySQL を開始します。

desktopserver3

新たな開発用サイトを作成します。

desktopserver4

Site Name はブラウザでアクセスする際の URL を指定。

Blueprint はインストールする WordPress を指定できるのだが、デフォルトでは 3.7.1 とちょっと古い。Applications/XAMPP/blueprints に最新版の zip をつっこんだ後 Back Next を繰り返してたら読み込めるようになった。

desktopserver-wordpress

インストールが完了いたら URL が表示され、ブラウザでアクセスできるようになる。

wordpress-initialize

あとは WordPress の初期設定。

wordpress-installed

これで WordPress が動かせるようになった。

Sponsored Link

シェアする

フォローする