Google 純正の WordPress プラグイン, Google Publisher Plugin を使ってみた

シェアする

先日 Google が Google Publisher Plugin という、Wordpress のプラグインを公開しました。まだベータ版のようです。

現状では Google Adsense の管理と Webmaster Tools との連携ができるっぽいですね。

Sponsored Links

インストール

管理画面のプラグイン -> 新規追加画面から Google-publisher で検索すると出てくるので、インストール -> 有効 とすすめていきましょう。上記リンクから zip をダウンロードし、 plugins ディレクトリにアップロードしても良いですね。

設定とか

プラグインを有効化し、Google Publisher の設定画面を開くと Google アカウントと連携を取るよう言われるので関連付けたい Google アカウントでログインした状態で進めていきます。

成功したら以下のような画面になると思います。

14011700

Adsense の設置

上記の画面から簡単にアドセンスをはる事ができます。

広告の管理を押すと、以下のように自分のブログが表示され、広告を表示できる箇所に印がつくのでその場所から選んで広告を貼る事ができます。

14011701

場所を選んで・・・

14011702

大きさと広告の種類を選んでから右上の保存を押すとその場所に広告が表示されるようになります。選べる広告の種類は Adsense の管理画面から選ぶより少ないですね。

既に Adsense の広告を貼っていた場合は一度全部削除してからでないといけないようです。

ウェブマスターツール

ウェブマスターツール上で行うサイト確認を自動でやってくれるらしいですが自分のサイトは既に登録済みだったので動きは確認できず。。

既にAdsenseなどを設定済みのサイトでは必要ない?

既に Adsense の設置とウェブマスターツールとの登録がすんでたらやることが無いので必要無いかなーという感じですね。新規にWEBサイト構築するならそれらの設定が楽になるので良いかも。とくにウェブマスターツールはファイル上げたりなんだりと面倒くさいですからね。

Sponsored Link

シェアする

フォローする