RICOH GR2 を購入した

シェアする

ricoh-gr2

RX100m2 を手放して次の海外滞在に Canon の G5X を購入しようかなぁと思ってたら突然値上がり(といっても通販だと全然だったのだが)して迷っていたところ、RICOH GR2 の中古がそこそこ良い価格であったので購入した。59000円ぐらいだったかな。でも今みたら新品も安いところだと6万円代だから結構買いやすい値段にはなってた。

GR2 はいわゆるマニア向けの機種で詳しい人が詳細なレビューを書いたり綺麗に撮れた作例をアップロードしているので今更俺が何か書いてもなぁ・・・という気分ではあるけどせっかく買ったので感じた事思った事をイロイロ書いておこうと思う。

Sponsored Links

RICOH GR2 とはどんなカメラなのか

撮影素子に APS-C というデジタル一眼レフカメラで採用されるような大きなタイプのものを搭載、レンズにはズームのできない単焦点を搭載し手ぶれ補正も無いがポケットサイズにまとめた非常に尖った性能のカメラだ。APS-C 搭載のカメラでは一番小さいんじゃないか?

とは言うものの、RICOH GR は他のもの以上にスペックであれこれ言うような品じゃないだろうと思う。

このカメラの最大の特徴は「最強のスナップシューター」と呼ばれているところにあると思う。小型軽量で持ち出しやすく、起動は一秒程度と速く、広角単焦点レンズを搭載し、細かいことは考えずに撮影したいと思ったときにすぐシャッターを切れるようになっている。

シャッターボタンを一気に押し込む事でオートフォーカスせずに予め設定した距離にフォーカスをあわせる機能がある事からも、とにかく「サッと取り出して撮る」という事に重点を置いたカメラだろうと思う。

かといって細かい設定ができないかというわけでもなく、ボタンやダイヤル、設定項目は多めでじっくりマニュアルで調節しつつ撮るような事も容易にできる。

RICOH GR2 で街をぶらぶらした

RICOH GR2 を持ってクアラルンプールの中華街あたりをぶらぶらしたときの写真をはっておこう。写真撮影に関しては完全に素人なので参考になるかはわからないが。

以下の写真は全て RAW で撮影し macOS の Photos で現像処理を行った。適当に調節したりエフェクトをかけたりしている。

R0000003

出発前羽田空港のロビー。写ってる飛行機に乗った。

R0000114

KL といえばツインタワー。

R0000074

駐車場から飛び出たのかと思ったけどオブジェやな。

R0000039

中華街入口を歩道橋から

R0000048

中華街のハズレにあったウォールアート、バスも絵かと思いきやホンモノをぶった切ったもののようだ。

R0000033

クレイポットチキンライス美味かった。換算 28mm/F2.8 のレンズとはいえ撮影素子が大きいので近づけばボケる。

R0000041

海南チキンライス屋。豚肉もある。

R0000076

マレーシアの飯といえばナシレマ。

R0000111

撮影素子が大きいおかげで夜でもどうにかなるが手ぶれ補正が無い分ちょっと気を使う。

一週間程使ってみたが、小さく軽くて画質に優れた良いカメラだ。使いこなせるかわからないが暫くは出かける際は常に持っておこうと思う。

Sponsored Link

シェアする

フォローする