Electron 製ターミナル HyperTerm

シェアする

mac-hyperterm

Electron で作られた JavaScript で拡張可能な HyperTerm が公開されていたので紹介しましょう。今のところ OS X 版のみですが Electron ですし Windows や Linux 版も時期に公開されるでしょう。

Electron なので command-option-i を押すとインスペクタが表示されます。

mac-hyperterm-inspector

設定は ~/.hyperterm.js に記述します。拡張子の通り JavaScript です。

module.exports = {
  config: {
    fontSize: 12,
    fontFamily: 'Menlo, "DejaVu Sans Mono", "Lucida Console", monospace',
    cursorColor: '#F81CE5',
    foregroundColor: '#fff',
    backgroundColor: '#000',
    borderColor: '#333',
    css: '',
    termCSS: '',
    padding: '12px 14px',
    colors: [
      '#000000',
      '#FF0000',
      //
    ]
  },
  /*...*/
};

フォントやそのサイズ、色なんかはここで指定可能ですし、独自の CSS を記述する事で自由に外観を変更可能です。

プラグインも .hyperterm.js に記述する事で有効化できます。

module.exports = {
  /*...*/
  plugins: [
    "hyperpower",
  ]
};

プラグイン名を書いたらターミナルを Command + R すると読み込まれます。

現状では日本語 IME が使えないっぽいので日本人的には使いづらいかもしれませんが、カスタマイズ製の高いターミナルは需要がありそうですね。

Sponsored Link

シェアする

フォローする