Android アプリの自動更新を無効にする

シェアする

Android アプリはインストールしていれば何もしなくても勝手にアップデートされる。普通に使っている分には大変便利なのだが、アプリによっては自動でアップデートしてほしくない場合もあるし、ゲームやってる最中などに更新が入ると端末が非常に重くなってしまう事がある。

Sponsored Links

Android アプリの自動更新を無効にする方法

Google Play を開き左上のボタンを押して(もしくは左端からスワイプして)メニューを開くと「設定」の項目があるのでタップしよう。

disableautoupdateapps

「アプリの自動更新」という項目があり、以下の3つから選ぶ事が可能だ。

  • アプリを自動更新しない
  • 常にアプリを自動更新する
  • Wi-Fi接続時のみアプリを自動更新する

多分、デフォルトは「Wi-Fi接続時のみアプリを自動更新する」だと思うがこれを「アプリを自動更新しない」にしておけば勝手に更新される事はなくなります。

自動更新を無効にした状態でアプリのアップデートを行う

自動更新を無効にすると自分で更新しないといけない。アプリの更新はアプリの使い勝手の向上や機能の追加だけでなく、セキュリティを向上させる事もある。出来る限り最新版を使うべきだろう。

自分で Android アプリの更新を行うには Google Play を開き左上のメニューから「マイアプリ」を選択します。

インストールしたアプリの一覧が表示され、アップデートがある場合には右上に「すべて更新」ボタンが表示されるのでタップする事でアップデートが行われます。

updateapps

個別に更新する場合は各アプリを開いて「更新」ボタンを押しましょう。

これでアプリを最新版に更新できました。

開発者としては出来る限り自動更新する設定にしておいて欲しいんですけど、こういう事もできますよということで。

Sponsored Link

シェアする

フォローする