WP Minify で JavaScript と CSS をまとめて高速化してみる

シェアする

このブログいろいろ入っていてローディングが遅いのでとりあえず WordPress 側でできる事を、という事で JavaScript と CSS を削減してみる。

ここで使うのが WP Minify というプラグイン。通常であれば複数読み込む JavaScript などのファイルを一纏めにし、空白などの不必要な箇所を削除、gzip圧縮、ヘッダーへキャッシュ関係を追加するなど。

いろいろあるが大雑把に説明すると、JavaScript と CSS を圧縮する、ということだ。

Minify 自体はプラグイン使わなくてもテーマファイルいじれば良いという気はするのだがなるべくテーマファイルに手を入れたくないのでプラグインでどうにかする事にした。

Sponsored Links

WP Minify インストール

管理画面のプラグインページで WP Minify で検索したらすぐ出てくると思う。インストール自体はすぐで設定も特に必要なく使える。

WEB からインストールしない場合はキャッシュディレクトリに、書き込み権限がちゃんとあるかは確認したほうが良さそう。

ちなみに WordPress にログインしている間は無効になっているっぽいのでログアウトしてから動作確認しよう。

効果は?

広告とかZenbackとか入れてるので正確な値出すの面倒くさくてやってないけど、出力されたソースコード見ると確かに圧縮されているし、読み込まれてる JavaScript, CSS 共に数は少なくなっているので効果はあるようだ。

wp minify
↑minifyされたものをロードしてる。

ただ、他のプラグイン(主に SyntaxHighlighter Evolved)で読み込んでいる JavaScript が圧縮されていないのが気になったがググってみるとどうやら WP Minify と競合するらしい。なんでもかんでも Minify 出来ないですね。。。

Sponsored Link

シェアする

フォローする