Unity でスマートフォンゲーム制作を行うのに良さそうな情報とか

シェアする

ちょっとゲーム作りたい欲求が出てきたのでひとまずいろいろ記事とかスライドとか見たりしてる。

Sponsored Links

いろいろな記事とかスライドとか


コロプラの開発事例。開発でハマった箇所とその解決方法を解説してある。


ギルティドラゴンの解説が中心。画面構成とかポリゴン数とか3Dアニメーションとか。


ゆるロボ製作所の開発事例。デザイナも含めたスクラム開発とドローコールの削減がメイン


Aiming でのスマートフォン向けの開発事例。ファイルの管理方法やスマフォ重い問題への対処など。


セガのUnityを使用したiPhoneアプリのグラフィック最適化の話のまとめ

ざっと見た感じ、携帯端末のスペックの低さに苦戦している感じある。よく出てくるドローコールは以下のようなアセットを使う事でも軽減させることが可能なようだ。

ドローコールを減らす!Draw Call Minimizer"]

スマートフォンの操作方法とか

マウスクリックがシングルタップとしてそのまま使える以外はわりと面倒くさいので Asset Store から買うのも手

タッチ操作を簡単実装!Input.Touches"]
スマートフォンで使用できるさまざまな操作を簡単に扱う事ができる。スワイプ、日本指スワイプ、ピンチイン/アウトなどいろいろ対応。js と C# の両方をサポートしていて $25 と手軽な値段なのが良い。


これも Input.Touches 同様スマートフォンでの操作を簡単に実装できるアセット。こっちは $55 と少し高くなる。


フリックをアセットなど使わず実装する場合のコード。

ところでドラッグはマウスと同じコードが動くのだろうか?あとで試す。ゲームで使うとしたらタップ、フリック、ドラッグがメインだと思うのでそのあたりが実装できるのであればアセットは必要ないかなと。


手前味噌だが仮想ジョイスティックを使用した操作方法の解説。仮想ジョイスティック使うぐらいならコンシューマかPCでやれと思わなくもない。iPhone版スト4はハマったけど。

実機との連携

実機で動かさないことにはどうしょうもないので。


iPhone で動かすための記事。僕は Mac もってないのでしばらく使う機会は無さそうだけど。


これも手前味噌だけどAndroidでの動かし方と Unity Remote を使用した Android と Unity の連携。

でも今日は眠いからこれでおしまいZzz

Sponsored Link

シェアする

フォローする