MTのDB設計

シェアする

きっとこんな感じ。ところどころ謎なテーブルもあるが、必要なところは把握できた。

mt_author //エントリの投稿者
mt_blog //blogの設定
mt_category //カテゴリリスト
mt_comment //コメント
mt_config //configと言いつつ使用DB選択のみ
mt_entry //エントリーデータ
mt_fileinfo //不明データ無し
mt_ipbanlist //きっと中身の通り、空
mt_log //ログ、いつ誰が何したかってのがある。
mt_notification //不明
mt_objecttag //エントリーとタグの関連付け、と思われる。
mt_permission //謎
mt_placement //謎
mt_plugindata //きっと名前の通り。でもデータ1行しか入ってない。
mt_session //セッションデータ
mt_tag //タグデータ
mt_tbping //トラックバックピング
mt_template //テンプレートデータ
mt_templatemap //HTML生成情報(ファイルの名前の付け方とか)
mt_trackback //エントリー毎のトラックバックデータ?よくわからん

mt_category,mt_comment,mt_entry,mt_objecttag,mt_tag,mt_tbping
この6つからデータ引っこ抜くなりテーブル作り直すなりしてやればおk。まだDB設計終わってないけど。

SQLiteCC3-jというWindowsのツールがあった。SQLiteのデータをGUIで見るソフトだ。便利だが、レコードが入ってないテーブルとか1000超えぐらいのレコード一気に表示しようとするとエラー落ちする。結局最後はコンソール頼み。

Sponsored Link

シェアする

フォローする