簡単にデスクトップやゲームを録画できる GOM Cam

シェアする

ゲームのプレイ動画を作ってみようかなと調べていたところ、GOM Cam を利用するととても簡単にゲーム動画を録画できたので使い方を解説すると共に、このソフトウェアについて解説してみようと思う。

ワンクリックで録画開始! 動画キャプチャーソフト【GOM Cam】

Sponsored Links

GOM Cam とは

Gretech Corporation が開発したデスクトップ録画用のソフトウェアだ。Web サイト上に GOM と表示されているのでピンとくる方もいるかもしれないが、有名な動画再生ソフトウェアである GOM Player をリリースしているところと同じ会社だ。もっとも自分は動画には VLC Player を使用しているが。

GOM Cam を使用する事でコンピュータの画面をそのまま録画する事ができる。録画できるのはデスクトップ画面はもちろん、ゲーム録画用のモードや WEB カメラの映像を録画する事もできる。さらにはゲーム画面に WEB カメラや画像などを取り込んで同時に録画する事もできる。

もちろん音声もマイクとサウンドを同時に収録可能だ。撮影した動画を即座に Youtube などへアップロードする機能も搭載されているため手軽に動画を公開する事ができる。

録画してみる

録画方法はとても簡単だ。

デスクトップ上のウインドウを撮りたい場合は以下のように GOM Cam のウインドウ左側にある「画面」ボタンを押し、撮りたいウインドウを指定しよう。

「画面」ボタンを押すと以下のようにウインドウを指定する画面になる。

ウインドウを指定すると、そのウインドウ(この場合は Google Chrome)の上部に GOM Cam のツールバーが表示される。

一番左側の赤い○が録画再生ボタンだ。それ以外は順に、スクリーンキャプチャ、ペイントツール、エフェクトの設定、動画エリアの再設定、予約録画となる。

右側にはウインドウの閉じる、最小化ボタンに加えて自動終了の設定を行うボタンがある。ボタンはイロイロあるが、動画を撮りたいだけであれば一番左側にある赤い○だけで大丈夫だ。

録画ボタンを押すとカウントが始まり、「START」の表記の後、録画が始まる。

録画を一時停止するには左上の二本線のボタンを、録画を終了するなら録画終了ボタンを押そう。

録画した動画は GOM Cam に一覧で表示される。

ダブルクリックすれば既定の動画プレーヤーで再生されるはずだ。

ゲームを録画する

ゲームを録画したい場合は左側のメニューより「ゲーム」を選択しよう。

そうするとデスクトップ上の録画と同じようにゲームのウインドウを選択するウインドウが表示される。

この状態でゲームの画面を選択し、左上の録画ボタンより録画を開始できる。このへんの操作はデスクトップの録画と同じだ。が、全画面でゲームをしている場合この GOM Cam のウインドウは結構邪魔だ。そういう時は右上の最小化ボタンを押してウインドウを最小化しよう。

GOM Cam をショートカットキーで操作する

GOM Cam を使用して動画を撮る際、基本的な操作はマウスでも可能だがショートカットキーを用いる事でより効率よく動画を撮る事ができるようになる。とくにゲーム中などであれば一々マウスで操作するのは面倒だろうと思う。

ショートカットキーは設定画面より確認できる。標準では以下のようなショートカットキーが用意されている。

録画開始/中止 F12
一時停止/再開 shift+F12
イメージキャプチャー F11
マウスポインターの有無 ctrl+m
録画メニューの表示/非表示 ctrl+alt+h
お絵かき道具の表示/非表示 ctrl+d
画面の拡大 F10
画面の縮小 F9
全画面表示の切り替え ctrl+enter
マウスで領域の指定 ctrl+f

また、これらショートカットキーがゲームなどの邪魔になる可能性もあるだろう。録画再生/停止や一時停止などのよく利用するもの以外のショートカットキーは削除しておく事もできる。うまく活用しよう。

録画した動画を再生する

GOM Cam の起動直後のウインドウでは今までに録画した動画の一覧が表示されている。

ここから再生したい動画を選択するだけで動画プレーヤーが起動し、中身を確認できる。

削除や名前の変更、アップロードもこの画面より可能だ。右クリックメニューも利用できる。

録画した動画を Youtube や Facebook へシェアする

GOM Cam では録画したゲームをそのまま Youtube などへアップロードする事ができる。

動画ファイル一覧の画面下にある「アップロード」ボタンを押すと「Youtube」「Google Drive」「Facebook」の三種類の選択肢が表示される。

例えば Youtube へアップロードする場合はこのメニューより「Youtube」を選択すると Google へのログイン画面が現れる。ユーザ名とパスワードを入力し、GOM Cam との連携を許可すると以下のように動画アップロードのウインドウが表示される。

ここでタイトルや説明を編集し、アップロードを押すと Youtube へアップロードできる。

無料版の制限

無料体験版では以下の制限がある。

  • 一度に録画できる時間は10分まで
  • ロゴが画面上に表示される
  • 広告が表示される。

それ以外の機能制限などはなく、フル機能を利用できる。ロゴが気にならない且つ10分以内の録画であれば十分だ。一度購入すればそれ以降はずっと使えるようだ。

しかし、ゲームを録画するのであれば10分では物足りないはずだ。例えば俺が今プレイしている League Of Legends であれば一試合最低でも20分、長ければ1時間になる事もある。というかオンラインゲームで1試合10分で終わるようなゲームはなかなか無いのではという気がする。

GOM Cam の購入方法とライセンスキーの入力

もし GOM Cam が気に入ったのであれば購入したほうが良いだろう。以下のリンクより購入できる。

ワンクリックで録画開始! 動画キャプチャーソフト【GOM Cam】

リンク先にある「ライセンス購入」ボタンから購入処理が可能だ。

下にある「GOM Cam をさらに安い価格で購入する方法」だが、PayNetCafe を使用したネットカフェでの購入となり、結構面倒くさい。クレジットカードを利用したくない場合はこっちで購入したほうが良いだろう。

購入したらライセンスキーがメールにて送られてくるので GOM Cam の画面上部にある「製品版を登録する」よりライセンスキーとメールアドレスを入力し、登録しよう。

デスクトップやゲームの録画を行うのであれば便利なソフトウェアだ、試すだけなら無料なので悩んでいるならすぐダウンロードしてみると良いだろう。合わなければすぐアンインストールすれば良い。

Sponsored Link

シェアする

フォローする