wp-config.php を管理画面から編集するプラグイン WP Config File Editor

シェアする

WordPress 自体の設定を行う際、 wp-config.php を編集する機会があると思う。しかし wp-config.php を編集するにはローカルから scp などでファイルの転送をしたり、ssh で接続してサーバ上でエディタを使うなどする必要がある。面倒くさい。

WP Config File Editor というプラグインを利用する事でこの面倒くさい作業をテキストエディタを使う事無く管理画面上で行う事ができるようになる。

Sponsored Links

WP Config File Editor のインストール

WordPress の公式に登録されているので管理画面のプラグイン新規追加画面より "WP Config File Editor" で検索し、出てきたものをインストール、有効化しましょう。

もしくは上記よりファイルをダウンロードし、サーバへアップロード、有効化しましょう。

WP Config File Editor で設定を行う

このプラグインを有効にすればサイドバーに WPCF Editor という項目が表示されるので、そこを選択する事で設定を行う事ができます。

wp-config-file-editor

編集できる項目は多く、例えば以下のような項目を設定可能です。

  • メンテナンス
    • キャッシュを有効にするか
    • メモリーの制限
  • セキュリティ
    • プラグインとテーマエディタを無効にする
    • 強制的に SSL を有効にする
    • フィルターされてない HTML を無効にする
    • フィルターされてないアップロードを有効にする
    • 外部の URL をブロックする
    • アクセス可能なホストのリストを設定
  • アップグレード
    • 自動アップデートを無効にする
    • プラグインとテーマを無効にする
    • アップグレード時の方法を FTP, SSH, Direct から指定
  • 投稿
    • 自動セーブの間隔
    • ゴミ箱を空にする日
    • リビジョンを有効にする
    • リビジョンの最大数を指定
  • ローカライゼーション
    • 言語の指定
  • CRON
    • cron を無効にする
    • cron の代替
    • cron lock タイムアウトを指定
  • マルチサイト
    • マルチサイトのインストールをセットアップ
    • マルチサイトを有効化する
    • マルチサイトをサブドメインで有効にする
    • ドメインの指定
    • Root path の指定
    • Site id の指定
    • 現在のブログの Id を指定
    • Primary Network Id を指定
  • データベースの設定
  • セキュリティキー(Authentication, Logged In Key, Nonce Key, Salt など)
  • デベロッパー用オプション
    • デバッグモードを有効にする
    • デバッグ表示を有効にする
    • デバッグログを有効にする
    • スクリプトデバッギングを有効にする
    • Concatenate JavaScript を有効にする
    • Save Queries を有効にする
  • プロキシーの設定
  • Cookie の設定
Sponsored Link

シェアする

フォローする

コメント

  1. […] wp-config.php を管理画面から編集するプラグイン WP Config File Editor […]