翻訳ファイルをキャッシュする 001 Prime Strategy Translate Accelerator

シェアする

WordPress が動くときにで意外と重いのが言語ファイル(.mo のやつ)、らしい。Wordpress 自体はもちろん英語で作られているので日本語版など、多言語で利用する場合はアクセスの都度翻訳ファイルを読み込んでいるようだ。

というわけでこいつをキャッシュしてしまうプラグインが 001 Prime Strategy Translate Accelerator. 実際に使ってみる。

Sponsored Links

インストール

ダッシュボードのプラグイン -> 新規追加画面から 001 Prime Strategy Translate Accelerator で検索してでてきたものをインストール -> 有効化しましょう。

もしくは上記プラグインのページからダウンロードし、 plugins ディレクトリにアップロードしても良いでしょう。

基本的に設定でキャッシュを有効化したら他にやることは無いです。

設定

プラグインをインストールしたら設定画面を開き、キャッシュを有効にする にチェックを入れましょう。

他の設定は以下のような感じです。

キャッシュタイプ ファイルか(サーバの設定しだいでは)APCが利用できます。APCのほうが早いとは思いますが未検証。
キャッシュのディレクトリ キャッシュタイプでファイルを選んだ場合はキャッシュを保存するディレクトリを記載しましょう。権限の付与を忘れずに。
サイト表示の翻訳の選択 Webサイトを表示した際に翻訳のキャッシュを利用するかどうか
ログイン/サインアップ画面の選択 ログイン画面を表示した際に翻訳のキャッシュを利用するかどうか
管理画面の選択 管理画面を表示した際に翻訳のキャッシュを利用するかどうか
キャッシュを削除 ここを選択した状態で設定を保存するとキャッシュが削除されます

ちなみにこのブログ自体は言語設定を英語のまま利用しているので影響無いかな?他のサイトで利用しています。

Sponsored Link

シェアする

フォローする