開発したアプリなど一覧

VSCode で行末の余計なスペースを可視化・削除する拡張機能 Trailing Spaces

プログラムを記述しているといつのまにか行末に余計なスペースがついていた、なんて経験をしたことはないだろうか。一つの行を二つに分割したり、複数行を一つに変えるなどしていると結構発生する問題だと思う。問題といってもスペースが入るだけならプログラム上は問題になる事は無いが、編集中にはカーソル移動の際に邪魔になるかもしれない。

VSCode で行末に余計なスペースが入るのを防ぐには Trailing Space という拡張機能を利用すると良い。

Trailing Spaces - Visual Studio Marketplace

この拡張機能を導入すると以下のように行末のスペースに色が付きわかりやすくなり、行末スペースを削除するためのコマンドが利用できるようになる。

削除するコマンドは以下の二つが用意されている。

  • trailing-spaces.deleteTrailingSpaces
  • trailing-spaces.deleteTrailingSpacesModifiedLinesOnly

前者は全ての行末スペースを削除するのに対し、後者は編集した行のみを対象とするという違いがある。keybindings.json で以下のように記述すればキーボードショートカットで削除可能になる。

{
  "key": "alt+shift+t",
  "command": "trailing-spaces.deleteTrailingSpaces",
  "when": "editorTextFocus"
},

ファイルの保存時に自動的に削除する設定もある。標準では無効になっているので必要であれば設定画面より有効化しよう。

設定画面では他にも行末スペースの判定に利用する正規表現を編集したり、ハイライトに利用する色の指定、空行をハイライトするか、といった項目を設定可能だ。

VSCode でプログラムを書いてて行末スペースが気になるのであれば入れておくと便利だろう。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました