開発したアプリなど一覧

Android の Wi-Fi テザリングで 5GHz を利用する方法

スマートフォンの Wi-Fi テザリング機能を利用してノートパソコンなどでインターネットに繋いでいる人は多いと思うが、そこで利用する電波帯について考えた事はあるだろうか。

通常、無線LANで利用する電波には 2.4GHz と 5GHz の二種類がある。2.4GHz 帯の方が障害物に強く対応している機器も多いなどの利点によりルーターなどでは初期値となっており、それをそのまま使っている人が多いと思う。しかし、利用する人が多いということは干渉しやすいと言うことでもある。

特に集合住宅や繁華街などでは各家庭・店舗が Wi-Fi ルーターを利用しており、非常に混み合う。そういった場合には 5GHz 帯を利用した方がよい快適に Wi-Fi を利用できると思う。

この記事では Android スマートフォンの Wi-Fi テザリングで 5GHz 帯を利用する方法を紹介する。

Android の Wi-Fi テザリングで 5GHz を利用する方法

Android の設定画面より「ネットワークとインターネット」→「アクセスポイントとテザリング」→「Wi-Fi アクセスポイント」を開く。

「詳細設定」の欄を開くと「AP 帯域幅」という項目がある。この項目をタップすると利用する帯域幅を選択するダイアログが現れ、設定を変更できる。

標準では「2.4GHz」となっていると思うが、「5GHz」にチェックを入れ「適用」ボタンを押すと 5GHz を利用できる。

この画面では 2.4GHz と 5GHz の両方同時にチェックを入れられるようになっているが、両方チェックを入れてもテザリング起動時にどちらか片方が有効になるようであった。

このように設定を変更すれば Android スマートフォンでも 5GHz 帯で Wi-Fi テザリングを利用できる。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました