開発したアプリなど一覧

WordPress の投稿やページに自由にコンテンツを挿入するショートコードを提供するプラグイン Custom Content Shortcode

WordPress を利用して Web サイトを作る際、投稿やページ内に別の投稿などを表示したり、カスタム投稿タイプによる一覧を追加したい事がある。

通常そのような複雑な要求には PHP ファイルを編集する事が多いが、非プログラマーにっては難しいだろう。

Custom Content Shortcode というプラグインを利用すると、ショートコードを組み合わせるだけで自在に投稿やページ内に他の投稿などを表示する事ができるようになる。

プラグインを導入し有効化すると、以下のような様々なショートコードを利用できるようになる。

loop 繰り返し操作
content 指定のコンテンツを表示
field 表示する項目の指定
taxonomy taxonomy の表示
for 投稿タイプの表示
attached 添付ファイルの表示
comments コメントの表示
user 現在のユーザー情報の表示
url url の表示

例えば以下のように記述すると、最新の投稿5件のタイトル・日付・抜粋を表示する。

[loop type=post count=5]
  [field title]
  [field date]
  [field excerpt]
[/loop]

ただ情報を表示するだけでなく、以下の制御構文なども利用可能だ。

指定したユーザーであればブロック内を表示

if 条件に合えばブロック内を表示
is user
looppage ページング
cache キャッシュの利用
raw ブロック内で WP のオートフォーマットを無効にする
load ファイルを読み込む
pass 他のショートコードへ値を渡す
today 今日の日付を表示

これらを組み合わせることで WordPress の投稿などに自由に他の投稿を表示する事ができる。

WordPress の設定ページには利用例や解説が多く記載されているので、すぐ理解できると思う。PHP よりも簡単で安全なのでプログラマー以外の人にも利用できるだろう。

特に WordPress のカスタマイズ案件を行っている人であれば便利なプラグインではないかと思う。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました