開発したアプリなど一覧

Chrome で Youtube 等の動画を別窓で見るピクチャーインピクチャー(PIP)機能を利用する

コンピュータを用いて作業する際、動画を別ウインドウで再生したいことがある。Windows や macOS ではアプリケーションを複数立ち上げて動画プレーヤーと他のウインドウを並べて表示する事も可能だが、Youtube などのブラウザで見る動画に関してはそれでは使い勝手が悪い。

Google Chrome のバージョン 70 からは動画をピクチャー・イン・ピクチャー(Picture in Picture, PIP)モードで再生する機能が追加された。この機能を用いると Youtube などの本来ブラウザで再生する動画のプレイヤー部分のみを切り取ってデスクトップ上に表示し続ける事ができる。

この記事では Google Chrome のピクチャーインピクチャー機能の使い方を解説しよう。非常に便利な機能なのでぜひ使い方をマスターしよう。

Google Chrome のピクチャーインピクチャー機能を利用する方法

まず前提条件として Google Chrome のバージョン 70 以上であることを確認しよう。通常 Google Chrome は自動的にアップデートされるので普通に利用していたら 70 以上のはずだ。バージョンは画面右上のメニューからヘルプ -> About Chrome を見ると確認できる。

大丈夫であればピクチャーインピクチャーで表示したい動画を開き、右クリックしよう。

動画を右クリックすると中程に「Picture in Picture」の項目がある。これを選択すると以下のようにデスクトップ画面上に動画ウインドウが表示されるはずだ。

ピクチャーインピクチャーのウインドウはドラッグで位置を動かしたり、境界線をドラッグで大きさを変更する事も可能だ。好みの位置に移動させよう。ピクチャーインピクチャーを終了させるには右上の「×」ボタンを押そう。

ピクチャーインピクチャー状態では動画の再生停止のみしかできず、シーケンスバーの操作や音量調節などは元のウインドウにあるツールバーを利用しなければならない点については注意が必要だ。

Youtube 動画をピクチャーインピクチャーで再生する方法

通常であれば動画を右クリックするだけで利用できるが、Youtube の場合には動画を二回右クリックする必要がある。

最初の右クリックではこのように Youtube のメニューが表示される。

次の右クリックで動画本来の右クリックメニューが表示され、ピクチャー・イン・ピクチャー機能も利用できるようになる。不思議な挙動ではあるが Youtube の提供する機能と動画そのものの機能を両方利用できるのは便利、かもしれない。

しかし、動画内に広告が挟まれるとピクチャーインピクチャーのウインドウではスキップを押せず、元のウインドウに戻らなければいけない。広告をオフにできる Youtube Premium に入ってればその心配もなく快適に利用できるだろう。

YouTube Premium - YouTube

ピクチャーインピクチャー機能が利用できない場合

自分の環境では最初 Youtube でピクチャーインピクチャー機能どころか動画の右クリックメニューが表示できなかった。調べていたところ右クリック禁止を禁止する拡張機能である Enable right click の機能と競合を起こしていたようだ。

右クリックできない Web ページでも使えるようにする Chrome の拡張機能 Enable right click

この拡張機能はドメイン毎に機能を無効にできるので Youtube をリストに登録することで右クリックメニューを開けるようになり、ピクチャーインピクチャー機能も使えるようになった。

もし Chrome のバージョンが 70 以上なのにピクチャーインピクチャー機能が利用できない場合には拡張機能が悪さしていないかを疑ってみよう。

また動画サイトによっては動画の右クリックをできないようにしているところもあるようだ。自分が試した所ニコニコ動画では右クリックしてもニコ動の提供するメニューしか表示されずピクチャーインピクチャーで利用できなかった。解決方法がわかったら更新したいところだ。

Sponsored Link

コメント