開発したアプリなど一覧

一括で EXIF を削除する macOS アプリ EXIFPurge

デジカメやスマートフォンなどで撮影した写真には EXIF と呼ばれる情報が付与されている。これには撮影日時や F値・焦点距離などの撮影時のカメラの設定、GPS 情報といった様々な情報が付与されている。しかし、Web 上に写真をアップロードする際には GPS 情報のようなプライベートな内容は隠しておきたいところだ。

macOS を利用していて写真の EXIF を削除したいのであれば EXIFPurge というアプリを使うとドラッグ・アンド・ドロップで一括で EXIF を削除できるのでオススメだ。

アプリをインストールし起動したら以下のようなウインドウが表示される。

ここに Finder などから写真を選択してアウトプット先のフォルダを指定し、「Purge EXIF Info」ボタンを押すだけだ。

実際に EXIF が消えているのかを確認してみよう。以前私が作成した Web 上で動く EXIF リーダーを利用し、EXIFPurge の実行前と後とで EXIF 情報がどのように変化しているのかを確認した。

EXIF リーダー | tools.loumo.jp

左が削除前で右が削除後だ。EXIF 情報がごっそり無くなっているのがわかる。

とくにスマートフォンで撮った写真には GPS 情報が残っている事が多く、そのままアップロードすると Web サービスによっては情報が公開されてしまう事がある。プライバシー保護のためにもぜひ EXIF は消しておこう。

Sponsored Link

コメント