開発したアプリなど一覧

Google Maps の保存機能が旅行時にとても便利

Google Maps は地図を確認したりルート検索を行うだけでなく、行く予定の場所やいつか行きたい場所、お気に入りの場所を保存しておく事も可能だ。特に旅行中であれば行きたいところを保存しておけばマップ上に表示され続けるため、計画を立てる際に非常に便利だ。使い方を簡単にではあるが紹介しよう。

Google Maps の保存機能を利用する方法

前提としてこの機能は Google アカウントにログインしている必要があるようだ。ログインしていなければログインしよう。

Google Maps にログインしたら保存したい場所を選び、保存ボタンを押そう。

例えば Android 版ではこのように枠線で囲った場所をタップすると保存できる。

保存を押すとどのリストに保存するかを選択する画面になる。標準ではハートマークの「お気に入り」、旗マークの「行きたい場所」、星マークの「スター」の3種類から選択できるが、自分で新たなリストを追加する事も可能だ。

保存できたら画面下部にどのリストに保存されたのかが表示される。

保存された場所はマップ上にアイコンで表示されるのでわかりやすい。

一覧で見たい場合には左上のメニューから「マイプレイス」を開く。

保存済みを選択するとリストの一覧が表示されるので、見たいリストをタップする。そうすると登録されている場所が一覧で表示される。

このリストからは編集や共有などもできるので他の人へ見せたい場合にも良い。複数人で旅行する場合なんかでも有効だ。

Google Maps は他にもオフラインマップや経路探索など旅行に便利な機能を多数備えている。旅行へ行くなら是非用意しておきたいアプリだ。

Google Maps のオフラインマップは海外旅行に便利

バンコクの複雑なバス路線を簡単に攻略する方法

Sponsored Link

コメント