開発したアプリなど一覧

macOS のメニューバーに常駐するスクショ編集&キャプチャソフト Nimbus Capture

PC の操作方法解説やソフトウェアの紹介などの用途でデスクトップ画面を撮影して加工することがあると思う。このブログでもスクリーンショットを撮って画像編集ソフトでクロップしたり文字や図形、モザイクを入れるなど様々な加工を行っている。

OS に macOS を利用しているのであれば Nimbus Capture というアプリを利用するとショートカットキーを入力するだけで指定領域のスクリーンショットを撮り加工して保存することができる。

アプリを起動するとメニューバー上に「N」のアイコンが表示される。これをクリックして撮影領域を指定する、もしくは表示してあるようにキーボードショートカットも利用可能だ。

⌥+⌘+5 で範囲指定もしくはウインドウを指定できる。⌥+⌘+6 でフルスクリーンを指定できる。撮影したあとは Nimbus Capture の編集画面が自動的に現れる。

このように文字や図形を入れたりモザイクをかけることができる。リサイズやクロップといった基本的な編集も可能だ。テキストは色やフォントも変更でき、日本語にも対応している。

スクリーンショットだけでなく動画の撮影にも対応している。編集した画像などをアップロードする独自のクラウドストレージも用意されている為、他人と共有する際にも便利だ。設定項目も多く、ホットキーやアップロード時の挙動など様々な項目を自分好みに変更できるのも良い。

スクリーンショットを加工してアップロードする機会が多いのであれば試してみると良いと思う。

Sponsored Link

コメント