開発したアプリなど一覧

Windows のアプリをタスクトレイに格納する RBTray

アプリケーションのウインドウを大量に開いているとタスクバーの表示が小さくなったり alt-tab でウインドウを選ぶのが大変になったりする事がある。

Windows を利用しているのであれば RBTray というフリーソフトを利用するとアプリケーションをタスクバーではなくタスクトレイに格納できるようになる。

RBTray

このソフトウェアを起動した状態でアプリケーションウインドウの最小化ボタンを右クリックすると、タスクバーから非表示となり、タスクトレイにアイコンとして表示されるようになる。試しにいくつかのアプリケーションをタスクトレイに格納してみた。

このようにアイコンのみが並んで表示されるようになる。この状態では alt-tab のウインドウ一覧にも表示されない。

再度タスクトレイのアイコンをクリックすれば元のウインドウが表示される他、右クリックメニューからはアプリの終了も選べる。

いくつかのアプリケーションで試してみたが、独自の UI を採用しているなどのソフトウェアの仕様によってはタスクトレイに格納できないものもあった。それでも多くのアプリはタスクトレイに格納できたため、使い方次第ではかなり便利ではないかと思う。

ウインドウを開きすぎて困っているのであれば試してみると良さそうだ。

Sponsored Link

コメント